ページの先頭です

保育料の追加納付について

2017年5月1日

ページ番号:396786

市民の声

 16日に大正区役所から電話があり、保育料が間違っていたので追加料金の10万円を振込んでくれと言われました。毎月自動振込で支払ってきて、昨年の9月に保育料の決定通知もきました。
 にも関わらず私の働いている職場のせいにして、謝罪もまともにせず淡々と。4月から復職する為に2人目の保育園に入れる手続きをしたのでそこで初めて気づいたようです。こんなずさんな仕事をされて、復職に向かって準備をしている中、保育料が急に変わりこれからの私の収入とほぼ変わらなくなり、いきなり高額な保育料の追加をされ謝罪を求めたところ、苗字も間違えた謝罪文一枚を振込用紙と一緒に送ってきました。一生懸命働いて税金を納めて保育料払っている人のお金をどう思われているのでしょうか?
 市民の税金から給料が出ている事を意識してもう少し市民の気持ちを汲み取った対応とちゃんと仕事をして頂きたいですし、市の方からちゃんと教育し直して頂きたいです。
 2人の子供を保育園に預けて4月から働く気持ちにもなって欲しいです。
 私たちの税金で働かれている方がこんな惰性で働かれてて、その方に税金が使われているかと思うと悲しいです。

市の考え方

 このたびは、保育料追加納付に関しまして、大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
 また、文書を送らせていただいた際にお名前を間違えるという不手際により、申出人様にご不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
 申出人様の平成28年度9月分以降の保育料につきましては、平成28年6月1日の市民税の所得割額をもとに算定を行っておりました。
 以後、修正申告などで市民税額が変更された場合は、保育料の変更が生じることがございますので、ご本人様による届出が必要となっております。
 このたび、新しく入所されるお子様の保育料算定時に最新の市民税の所得割額情報を確認させて頂いた際、ご兄弟で市民税の所得割額が違うことが判明しました。
 原因を調査したところ、7月22日に申出人様の市民税額が変更されていましたが、ご本人様からの申告をいただいておらず、また、区役所での確認もできておりませんでした。
 そのため、平成28年9月分に遡り保育料を変更させていただいたため、追加で納めて頂く保育料が発生し、大変ご迷惑をおかけすることになりました。
 区役所での迅速な確認ができていなかったことを深くお詫び申し上げます。
 今後は、定期的に市民税額を確認する等、細心の注意を払ってまいります。
 また、所得の修正申告などで市民税額に変更が生じた場合、ご本人様に届出をしていただけるよう分かりやすい周知を心がけてまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申しあげます。
 申出人様には各月追加で納めていただく保育料の納付書をお送りさせていただいておりますが、大阪市こども青少年局保育指導担当(電話番号:06-6208-8037)において、分割納付のご相談も承っておりますのでご案内申し上げます。
 なお、平成29年3月分の追加で納めて頂く保育料の納付書につきましては、4月中旬頃に送付させて頂きます。

担当部署(電話番号)

大正区役所 保健福祉課(子育て支援担当)
(電話番号:06-4394-9913)

対応の種別

説明

受付日

2017年3月21日

回答日

2017年3月31日

公表日

2017年5月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない