ページの先頭です

地下鉄第8号線(今里・湯里六丁目間)の早期整備を求める決議

2016年12月13日

ページ番号:97448

平成22年10月13日可決

 

 

 鉄道整備については、沿線地区のアクセスが向上し、まちの活性化が期待できることに加え、沿線の開発が促進され、常住人口や従業人口の増加も見込めるなど、まちづくりを推進するうえでも有効な施策である。
 また、地球温暖化をはじめとする環境問題への対策が社会的課題となっている昨今、自動車利用から環境負荷の低い鉄道利用に、より一層の転換を図ることが重要であるとともに、本格的な高齢化社会を迎えつつあるなか、誰もが安全・安心に利用できる公共交通ネットワークの充実を図ることが求められている。
 このように鉄道は、都市活動にとって重要な都市基盤施設であるとともに、さまざまな社会的課題の解決にも寄与することから、今後とも着実な整備を進めていく必要があると考える。
 大阪都市圏の鉄道ネットワークは、これまでの取り組みにより整備が進んできたところであるが、安全で快適な市民生活や都市活動を支えるためにも、引き続き「近畿地方交通審議会答申第8号」や「大阪市交通事業の設置等に関する条例」における計画路線の整備拡充に向けた取り組みが必要である。
 なかでも、市営地下鉄の次期整備路線として位置づけられている地下鉄第8号線(今里・湯里六丁目間)は、大阪市東南部地域の交通問題を解消するとともに、同地域のまちづくりや活性化に資するものである。
 以上のように、鉄道整備は本市のまちづくりや環境対策などの観点から重要な施策であると考えるので、平成22年度末で累積欠損が解消することとなっている地下鉄事業の経営状況も踏まえつつ、引き続き、本市の財政収支の状況を見きわめ、地下鉄第8号線(今里・湯里六丁目間)の早期整備に努められることを強く要望する。
 以上、決議する。

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

市会事務局 議事担当
電話: 06-6208-8681 ファックス: 06-6202-0508
住所: 大阪市北区中之島1丁目3番20号