ページの先頭です
メニューの終端です。

【一時保育付】「子育て中のしごと応援セミナー&交流会」を開催しました

[2015年11月24日]

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【一時保育付】子育て中のしごと応援セミナー&交流会の参加者を募集しています

 終了しました

※一時保育の対象者について追記しました。(平成27年10月19日) 

働きたい女性の就労を支援し、「若者・女性が活躍できる社会づくり」をすすめるため、一時保育付き(定員20名、2歳以上)の「子育て中のしごと応援セミナー&交流会」の参加者を募集しています。

 働きたいけれど、子育てと両立できるか不安がある方向けのセミナーと交流会です。おひとりでも、お子様と一緒でも、1回でも参加できますので、ぜひお気軽にご参加ください。(参加無料)

子育て中のしごと応援セミナーちらし
別ウィンドウで開く

画像をクリックすると、ちらしが開きます

ホームページからのお申込み

大阪市電子申請・オンラインアンケートシステムのページからお申し込みください。

第1回 働きたいと思い始めたママを応援

開催日:平成27年11月19日(木曜日) 終了しました

テーマ:「ママだって働きたい。一歩踏み出すための、夫やこどもとの向き合い方」
株式会社ママそら代表奥田絵美氏

コーディネーター:株式会社ママそら 代表 奥田 絵美氏

 短大卒業後、証券会社に入社。監査法人に転職。キャリアが充実してきた頃に夫の転勤辞令と妊娠で仕事を諦めて子育てに専念。自身の孤独な子育て経験から「不安なママを救いたい」という想いで201210月にママコミュニティ「ママそら」をスタート。短期間でコミュニティを拡大し、20134月に法人化。ママの強みを活かした商品開発・マーケティング等を行う。全国に8支部展開。メディアやイベントでママの安心・笑顔・輝きを応援している。4歳児の母。著書にママの仕事選びのバイブルとなる「新しいママの働き方」(アチーブメント出版)FM ラジオ「ママそらモーニングcafé」では“私らしく働く”をテーマに毎週放送中。

実施の様子

会場風景
セミナー風景
セミナー風景
一時保育の様子
交流会風景

セミナー当日は、ベビーカーや抱っこ等で小さなお子さまを連れたママが参加者の半数以上おられました。

会場は、フードコートに併設されたオープンスペースだったため、お子さま連れのママには、「参加しやすかった」と好評でした。

奥田絵美さんのお話は、体験談を交えながらの具体的かつわかりやすい内容で、参加者がペアになってのワークも和やかに進みました。

参加者からは、「具体的に将来をイメージできてよかった」「子育てで頭が一杯の中、”働く”という意欲を持つことができた」「具体的に動いていこうと思いました」など、前向きになれたというご感想を多数いただきました。

交流会では、もっと話を聞きたい、話をしたい、という方が、フードコートに移動して、初めて出会う参加者同士や奥田絵美さんとのお話を楽しまれました。

 

第2回 こどもの預け先を探し始めたママを応援

開催日:平成27年11月26日(木曜日) 終了しました

テーマ:「働く子育て女性の、仕事と家庭の両立と病児保育の利用」

NPO法人ノーベル代表高亜希氏

コーディネーター:NPO法人ノーベル 代表 高 亜希氏

 関西学院大学卒業、JTB、リクルートに勤務。子育てを理由に退職する同僚から、子育てと仕事の両立の難しさ、病児保育問題を知る。病児保育の先駆けであるNPO法人フローレンスで修業後、ノーベルを立ち上げ、20102月から関西初の当日予約でも100%預けられる共済型病児保育事業を開始。2012年(財)日本病児保育協会の理事に就任。「子どもを産んでも当たり前に働き続けられる社会」を目指し、寄付を募ってひとり親に安価に病児保育を提供する、ひとり親向け病児保育支援をおこなう他、2014年からは淀川区から委託を受け、行政との協働も積極的に取り組んでいる。2015年、Googleインパクトチャレンジ「みんなのグランプリ賞」を受賞。

実施の様子

セミナー風景
セミナー風景
セミナー資料

 「病児保育」をテーマにした第2回では、「仕事復帰にあたり、病児保育は一番ネックだったので、考えるいい機会でした」「これからどんなアクションを起こせば良いのかわかりました」など、仕事との両立の壁となる「子どもの病気の乗り切り術」がとても具体的と好評でした。

 

第3回 就職活動へ一歩踏み出すママを応援

開催日:平成27年12月3日(木曜日) 終了しました

テーマ:「育児も仕事も。理想をかなえるために、頼り合える社会づくり」
株式会社AsMama代表甲田恵子氏

コーディネーター:株式会社AsMama 代表 甲田 恵子氏

 1975年大阪生まれ。米国留学を経て関西外国語大学を卒業後、 環境事業団(現独立行政法人環境再生保全機構)にて役員秘書と国際協力室を併任。2000年、ニフティに転職し、海外事業の立ち上げに従事。2005年、同社在籍中に長女を出産。復職後は上場・IRを担当。2007年、ベンチャー投資会社に転職し、広報・IR室長に就任。2009年に同社を退社。「一人ひとりがライフステージに応じて、頼ったり頼られたりすること自己実現できる社会の仕組みを創ろう」と全国から同志を募り、同年11月、AsMamaを設立。著書に「ワンコインの子育てシェアが社会を変える!」「子育ては頼っていいんです~共育て共育ち白書」がある。メディア掲載歴・受賞歴多数。苦手なもの「暇」。

 

実施の様子

セミナー風景
交流会風景
しごと情報ひろばマザーズについてPR

 「子育てシェア」をテーマにした第3回では、ママサポーターや「しごと情報ひろばマザーズ」担当者にも参加していただき、「仕事と育児の両立への不安が少しぬぐえたように思います。」「あらためて地域の交流の中での循環のある子育てサポートが必要だと感じました。」「復職に向けて、いろんな備えが必要ですね。事前にシミュレーションして、夫や実母とも今日の情報を共有したいです。」など、仕事と育児を両立しながら働き続けるための具体的な内容が好評でした。

会場

イオンモール鶴見緑地 3階サンシャインコート
 (鶴見区鶴見4-17-1
 (地下鉄長堀鶴見緑地線「今福鶴見」駅より東へ約600m)

イオンモール鶴見緑地の周辺地図

イオンモール鶴見緑地周辺地図
別ウィンドウで開く

参加費用

 無料

お申込み方法

 終了しました

 希望日、参加者全員のお名前(ふりがな)、代表者のご連絡先(メールアドレス・電話番号等)、一時保育の内容(お子様のお名前、年齢)、交流会参加人数を記入し、ホームページ、往復はがき、FAX、お電話のいずれかからお申し込みください。

 一時保育は、2歳からのお子様が対象ですので、ご了承ください。

 2歳未満のお子様は、お座席でご一緒に参加していただけます。

 先着順で受け付けます。

ホームページ

大阪市電子申請・オンラインアンケートシステムのページからお申し込みください。

往復はがき

〒530-8201 大阪市北区中之島一丁目3番20号 大阪市市民局雇用・勤労施策課 あて

FAX

FAX番号 06-6202-7073

電話

電話番号 06-6208-7351

大阪市「しごと情報ひろばマザーズ」のご案内

しごと情報ひろばマザーズホームページへ
別ウィンドウで開く

 セミナー受講後は、「しごと情報ひろばマザーズ」を、ぜひご利用ください。今回のセミナーでは、「しごと情報ひろばマザーズ」が独自に開拓した、地域に密着した求人情報もご紹介します。

 「しごと情報ひろばマザーズ」別ウィンドウで開くでは、子育てのために一旦仕事を辞めた女性や母子家庭の母などの女性の就職を支援しています。

 キャリア相談や職業紹介、求職活動に役立つ保育情報の提供、女性問題の相談、さまざまなセミナーを実施し、求職者一人ひとりの状況に応じたきめ細かい支援を行います。
 保育士も常駐していますので、乳幼児連れでも女性も安心して職業相談やセミナー等を受けられます。

「しごと情報ひろばマザーズ」
大阪市此花区西九条6-1-20 クレオ大阪西1階
(最寄駅:JR環状線・阪神西大阪線「西九条」駅 徒歩約3分)
[電話]06-6467-6067
[Fax]06-6467-6057
[開設日時]火曜日~金曜日:9時30分~18時00分(ただし、祝休日及びクレオ大阪西の休館日は休み)

【一時保育付】「子育て中のしごと応援セミナー&交流会」ちらし

【一時保育付】「子育て中のしごと応援セミナー&交流会」ちらし

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページについてご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか

  • このページの内容は分かりやすかったですか

  • このページは見つけやすかったですか

このページの作成者・問合せ先

大阪市市民局ダイバーシティ推進室雇用・勤労施策課

住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

電話: 06-6208-7351 ファックス: 06-6202-7073

メール送信フォーム


[ページの先頭へ戻る]