ページの先頭です

転入届や転出届などの届出の際に届出人の本人確認を実施しています

2012年7月9日

ページ番号:383982

最近、住民票における住所が本人の知らない間に、第三者により異動されるという、「なりすまし」による虚偽の住民異動届が全国的に増えています。

こうしたことから、大阪市では虚偽の届出防止のため、転入や転出などの住民異動届の届出時に窓口に来られた方の本人確認を行っています。また、平成20年5月1日に住民基本台帳法が改正され、本人確認の手続きが厳格になりました。

運転免許証や健康保険証など、窓口に来られた方がご本人様かどうかを確認できる書類の提示をお願いします。

対象となる届

本人確認の方法

区役所・出張所窓口において窓口に来られた方の本人確認資料の提示などにより、確認させていただきます。
※窓口において確認できなかった場合、届出があったことをお知らせする通知を送付します。

本人確認書類

運転免許証、パスポート、健康保険証、年金手帳、マイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カードなど

詳しくはこちらをご覧ください。

お手続きに関するお問い合わせ先

各区役所窓口サービス担当課までお問い合わせください。

リンク先のページより、お手続きを行う予定の区の窓口サービス担当課をご確認いただき、ご連絡ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。