ページの先頭です

平成29年度「大阪市女性活躍リーディングカンパニー市長表彰」の受賞団体が決定しました

2018年5月11日

ページ番号:433581

 大阪市では、女性が職場、地域等で持てる能力を発揮し活躍できるよう「女性の活躍促進」に重点的に取り組んでおり、その一環として、平成26年10月から、女性が活躍できる職場環境づくりを積極的に進めている企業等を認証し、その取組みが広く普及するようPRする「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」認証事業(平成30年3月2日時点認証企業数 二つ星認証244社、一つ星認証94社、チャレンジ企業認証89社、合計427社)を実施し、とくに優れた取組みを行っている企業等に対し、毎年度、市長表彰を行っているところです。

 平成29年度の表彰団体は計9社で、内訳は、最優秀賞1社、優秀賞4社に加え、特にユニークな取組みを実施している企業等を表彰するため今年度より新設した特別賞が4社となりました。(表彰式は、平成30年3月26日(月曜日)午後4時から市長公室にて執り行いました。)

受賞団体(各賞五十音順)

最優秀賞

株式会社関西アーバン銀行

 「活力溢れる逞しい人材集団の形成」を運営方針の一つに掲げ、女性管理職の育成とともに、男女の競争倍率を同程度とするための新卒採用におけるポジティブ・アクションの取組みを行っている。「配偶者出産・育児特別休暇制度」を拡充し、対象者となる男性社員及び所属長に対し「育児関連休暇取得勧奨通知」を送付するなど、男性の育児関連休暇の取得促進に取り組んでいる。組織風土の醸成として、頭取を筆頭に取締役及び部店長全員が「イクボス宣言」を行うなど管理職の意識改革に積極的に取り組んでいる。

優秀賞

株式会社近畿大阪銀行

 「勤務時間」もしくは「業務範囲」を限定できる「スマート社員制度」は、パートナー社員を含めた全従業員のより柔軟な働き方を可能とし、「スマートデー」の新設とともに退社時刻ルールを19時に見直すなど、働き方改革に取り組み、有給休暇取得率が毎年度上昇している。男性・管理職の意識改革として、対象者及び上司に制度内容等の案内を行うことで男性の育児参画を促進しており、今年度の配偶者出産休暇取得率は100パーセントを達成している。

株式会社ドロキア・オラシイタ

 継続就業支援だけでなく、新たに「同役職でのカムバック支援」を整備するなど、育児休業後における現職相当職復帰に向けた体制づくりに取り組んでいる。特別休暇として「記念日休暇」を運用しており、有給休暇より取得率が高く着実に実績を上げている。育児休業の対象者への面談だけでなく、男性役職者への勉強会を実施するなど、管理職の意識改革を含めた両立支援に取り組んでいる。

株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム

 女性意見を活かした商品開発活動を行っており、契約棟数の約半数に提案が採用され成果を上げるなど、活動が定着している。男性の育児休暇取得促進として、対象者及び上長に案内を配信するとともに、取得者の体験談を社内イントラで公開するなど、男性の意識改革に積極的に取り組んでいる。産休中の女性社員に対し、産休から職場復帰している女性社員からのメッセージを配信し、直接的できめ細かな取組みを行っている。

株式会社りそな銀行

 「勤務時間」もしくは「業務範囲」を限定できる「スマート社員制度」は、パートナー社員を含めた全従業員のより柔軟な働き方を可能とし、「スマートデー」の新設とともに退社時刻ルールを19時に見直すなど、働き方改革に取り組み、1日あたりの時間外勤務を14分(月間約4.5時間)短縮している。男性・管理職の意識改革として、対象者及び上司に制度内容等の案内を行うことで男性の育児参画を促進しており、今年度の配偶者出産休暇取得率は100パーセントを達成している。

特別賞

株式会社ISO総合研究所

<働き方改革の取組みを特に評価>

 「当日お休みOK制度」の運用とともに、システムによる仕事の仕組み化により、急な休みへのフォロー体制を実現するなど、充実した両立支援を行っている。1ヶ月に1回、会社経費でのランチ会を実施し、社内コミュニケーションの円滑化を図るなど、ユニークな取組みを行っている。女性の登用や男性の育児休業取得においても着実に実績を上げている。

三井住友海上火災保険株式会社

<男性の意識改革の取組みを特に評価>

 育児休業の最初の5日間を有給とし「パパ活休暇」というわかりやすい名称とともに、対象者及び上司に取得促進のためメール配信を行い男性社員の育児参加を支援することで、男性の意識改革に取り組んでいる。「原則19時退社の推進」により生産性の向上を図ることで、一人あたりの残業時間を約10パーセント削減するなど、働き方改革に熱心に取り組んでいる。

株式会社ライフコーポレーション

<両立支援・復職支援の取組みを特に評価>

 女性管理職育成研修を公募形式で内製により実施しており創意工夫した研修を行っている。育児中の社員を対象にタイムマネジメント等について学ぶ「育児時短勤務者研修」を実施しており、きめ細かな復職者支援を行っている。積立有給休暇制度を改定し「男性の育児休暇取得促進」に取り組んでおり、男性の育児休業取得に繋がっている。

リコージャパン株式会社

<管理職の意識改革の取組みを特に評価>

 トップメッセージによりダイバーシティ推進、ワーク・ライフ・バランス推進に取り組んでおり、全役員、全階層長の97.3パーセントが全社公開データベースにて「イクボス宣言」を実施している。管理職登用に向けた女性社員の育成及び意識改革の研修実施だけでなく、その上司を対象とした研修では脳科学を用いるなど、管理職の意識改革にも熱心に取り組んでいる。

表彰団体の選考

 平成29年度においては、平成30年2月1日時点で、二つ星認証を受けている企業等(従業員数301人以上の企業等については、イクメン推進企業としても認定されている企業等)を対象として、表彰を受けようとする企業等から申請を受け付け、申請のあった企業等について、外部の有識者による選考会で選考を行い、先進性に富んだ取組みを行っている、あるいは地道な努力を続けている企業等を表彰団体として決定したものです。

実施要綱

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

表彰式

平成30年3月26日(月曜日)に表彰式を執り行いました。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 市民局ダイバーシティ推進室男女共同参画課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

電話:06-6208-9156

ファックス:06-6202-7073

メール送信フォーム