ページの先頭です

救助工作車Ⅲ型

2018年3月12日

ページ番号:50542

救助工作車Ⅲ型(北消防署 BR11)
別ウィンドウで開く

救助工作車Ⅲ型(北消防署 BR11)

救助工作車Ⅲ型は、地震等の大規模災害時の救助活動を目的として製作した車両で、四輪駆動車をベースにクレーン、ウインチ、照明装置などを装備し、通常の救助用器具の他に高度救助用器具を積載しています。

主な特徴

(1)車両後部に2.9トンのクレーン装置を装備しています。

(2)車両前方に5トン、後方に7トンの前後引き油圧ウインチを装備しています。

(3)400Wメタルハライドランプ4灯の油圧昇降式照明装置を装備しています。

(4)車両エンジン駆動の100V-10kVA発電機を装備し、照明装置への給電のほか外部給電用コンセントを設けています。

(5)後部隊員席背面に4基分の隊員用呼吸器取付金具、小隊長席横に小隊長用呼吸器取付金具1基分を装備しています。

(6)夜間活動時に車両の視認性を向上させるため、車両の側面及び後面に高輝度反射テープを貼付し、夜間走行時の安全性向上のため、後輪付近照射用にタイヤ灯を装備しています。

(7)京阪神六府県市自動車排出ガス対策協議会指定の低排出ガス自動車(LEV-6)を採用しています。

諸元

車両諸元

シャシ型式

日野 ADG-GX7JGWA改

車両総質量

11,900kg

全長

766cm

乗車定員

6名

全幅

229cm

エンジン

ディーゼル:6,403mL

全高

337cm

最高出力

162kW/2,700rpm

ホイールベース

3,750mm

燃料

軽油:70L

最小回転半径

6.4m

ぎ装諸元

項  目

内  容

クレーン装置

最大地上揚程 10.3m

 (吊上げ能力)-(作業半径)

  2.93t  –  3.9m

  0.98t  –  8.1m

ウインチ装置

前後引き油圧モーター駆動

 最大引張力:前5t・後7t

 ワイヤー:φ14mm×50m

発電機

単相100V-10kVA

 外部給電用コンセント(100V-15A):左右各4個

照明装置

投光器:メタルハライドランプ400W×4灯

周囲照明灯:ハロゲンランプ250W×2灯

伸長時地上高:約6m(油圧式伸縮柱)

照明旋回角度:約360度

照明俯仰角度:約180度

操作方法:リモコン式

配置先

北消防署、阿倍野消防署

画像集(画像をクリックすると拡大します)

右側面
別ウィンドウで開く

右側面

左側面
別ウィンドウで開く

左側面

前面
別ウィンドウで開く

前面

後面
別ウィンドウで開く

後面

左後面
別ウィンドウで開く

左後面

運転席
別ウィンドウで開く

運転席

隊員席
別ウィンドウで開く

隊員席

右側面 資器材の積載状況
別ウィンドウで開く

右側面 資器材の積載状況

左側面 資器材の積載状況
別ウィンドウで開く

左側面 資器材の積載状況

右側面 警防計画の積載状況
別ウィンドウで開く

右側面 警防計画の積載状況

左側面 大型油圧救助器具(レスキューツール)の積載状況
別ウィンドウで開く

左側面 大型油圧救助器具(レスキューツール)の積載状況

左側面 エンジンカッターの積載状況
別ウィンドウで開く

左側面 エンジンカッターの積載状況

前面 油圧ウインチの装備状況
別ウィンドウで開く

前面 油圧ウインチの装備状況

後面 油圧ウインチの装備状況
別ウィンドウで開く

後面 油圧ウインチの装備状況

クレーンの装備状況
別ウィンドウで開く

クレーンの装備状況

クレーン操作部
別ウィンドウで開く

クレーン操作部

キャビン上部の車両番号表示
別ウィンドウで開く

キャビン上部の車両番号表示

クレーンの操作状況
別ウィンドウで開く

クレーンの操作状況
(写真は阿倍野消防署に配置の車両(BR14)です。)

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 消防局企画部企画課

住所:〒550-8566 大阪市西区九条南1丁目12番54号

電話:06-4393-6056

ファックス:06-6582-2864

メール送信フォーム