ページの先頭です

飲食店等に対する消火器設置基準強化のお知らせ

2018年7月26日

ページ番号:436663

飲食店等に対する消火器設置に伴う消防法施行令改正

平成28年12月22日の新潟県糸魚川市における大規模火災を受けて、消防法施行令が改正され、平成31年10月1日から飲食店等における消火器の装置に関する基準が強化されます。

規制対象

  • 火を使用する設備又は器具が設けられている飲食店等に消火器の設置が義務付けられます。
  • ただし、設備又は器具に次の安全装置などがついているものは、消火器設置義務化の対象外となります。

【例】

  • 調理油過熱防止装置
    センサーが鍋底の温度を感知し、自動的に消火して油の発火を防ぎます。
  • 自動消火装置
    火災を自動的に感知し、消火薬剤を放出して火を消します。

消火器設置基準

  • 業務用消火器を設置してください。
  • 住宅用消火器やエアゾール式のものでは対応できません。
  • 名称(消火器)及び使用方法を明示した標識を設置してください。
  • 容易に使用できる位置に設置してください。
  • 本体に損傷、腐食等がないか確認してください。
  • 消火器は定期的に点検し、1年ごとに消防署への報告が必要です。

その他の注意点

  • 防火管理者
    建物の収容人員が30人を超える場合は、防火管理者の資格を有するもののうちから防火管理者を定めなければなりません。
    (注)従業員の数+客席部分の人数
  • 防炎物品の使用
    飲食店等ではカーテンや布製ブラインド、じゅうたん等は防炎性能を有する防炎物品を使用しなければなりません。
  • 消防用設備等
    建物の規模・用途に応じ、その他の消防用設備等の設置が必要となる場合があります。

消防設備等の相談

水上消防署

電話:06-6574-0119

消火器設置に伴う実態調査のお問い合わせ

大阪市消防局では、「消火器設置に伴う実態調査」の実施を一般財団法人大阪消防振興協会に委託し、法令の改正概要などをご説明させていただきます。

大阪市消防局 予防部 特別査察隊
〒550-8566
大阪市西区九条南1丁目12番54号
電話:06-4393-6373   ファックス:06-4393-4580

消火器設置基準強化ポスター

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市消防局 水上消防署

〒552-0021 大阪市港区築港3丁目1番47号

電話:06-6574-0119

ファックス:06-6574-0140

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示