ページの先頭です

大阪市の水道水源

2018年3月28日

ページ番号:14782

大阪市の水道水源


我が国最大の湖である琵琶湖をその主たる水源とする淀川は、宇治川、木津川、桂川というそれぞれ特性をもつ3つの川が合流した、我が国では比較的流況の安定した河川で、大阪市をはじめ近畿圏1,700万人の水道水源として、人々の生活や都市活動を支えています。
淀川上流の三流域は、琵琶湖流域の融雪期、桂川流域の梅雨期、木津川流域の台風期にそれぞれ流出が多く、互いに補いあい、なかでも琵琶湖流域の融雪期の安定した水量によって淀川の流況の安定に寄与しています。そのうえ、淀川は上流に琵琶湖という面積約670平方キロメートル、貯水量約275億立方メートルの日本最大の湖を有しているため、淀川の流量調節に大きな役割を果たしています。

琵琶湖から淀川まで

このページの作成者・問合せ先

水道局 工務部 計画課
電話: 06-6616-5514 ファックス: 06-6616-5519
住所: 〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATC ITM棟9階

メール送信フォーム