ページの先頭です

「水道使用量等のお知らせ」の表示誤りについて

2017年3月10日

ページ番号:393934

 大阪市水道局では、検針時にお客さまにお渡ししている「水道使用量等のお知らせ」(以下「お知らせ票」という。)の「請求予定金額等のお知らせ」欄の上水道料金及び合計金額が、一部のお客さまにおいて誤って表示される事象が発生しました。
 なお、お客さまへ送付する納入通知書等の請求金額については、誤りはありませんでした。
 お客さまに大変ご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫びいたしますとともに、今後、このようなことのないよう徹底した再発防止に努めてまいります。

1 概要と事実経過

 平成29年3月9日(木曜日)午前10時頃、当局職員がお知らせ票の記載内容に誤りがあることに気づき、調査したところ、平成29年3月1日(水曜日)以降に検針を行った一部のお客さまについて、本来、表示すべき金額と異なった金額が記載されていることが判明いたしました。

2 内容

 水道メータ検針時に使用するハンディターミナルのプログラムを、平成29年3月1日(水曜日)に改修したところ、上水道料金の計算式が次のとおり誤ったものとなりました。
上水道料金の計算式

種 別

計算式

計算式

基本料金  

850円×1.08=918円

誤りなし

1立方メートル~10立方メートル

(10円×水量+850円) ×1.08

11立方メートル~30立方メートル

(209円×水量-1,140円) ×1.08

31立方メートル~50立方メートル

(285円×水量-3,420円) ×1.08

51立方メートル以上

(358円×水量-7,070円) ×1.08

(358円×水量-7,570円) ×1.08

 ※お客さまへの請求については、他のシステムで再計算を行った後、請求を行うため、料金の誤りはありません。

3 対象件数

 120件
 ※上記誤りのお客さまは「業務用」用途でご使用のお客さまであり、「一般用」及び「湯屋用」のお客さまは対象でありません。

4 原因

 ハンディターミナルのプログラムを改修する際、改修業務の範囲外である料金ファイルの項目を委託業者が誤って編集したことが原因です。また、改修業務の範囲外であったことから、プログラムチェック及び試行テスト計画の対象外であったため、該当ファイルの誤りに気づきませんでした。

5 当面の対応

  • 誤った「お知らせ票」を交付したお客さまに対して、ご訪問してお詫びし、説明並びに正しい「お知らせ票」の再交付を行います。
  • プログラムの修正を行います。
  • 今後、プログラム改修が完了するまでの間に、表示誤りの対象となってしまうお客さまに対しては、別途、正しい「お知らせ票」を作成し発行します。

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局総務部お客さまサービス課
住所: 〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATC ITM棟9階
電話: 06-6616-5472 ファックス: 06-6616-5479