ページの先頭です

「災害時における水道施設の応急対策の協力に関する協定書」の紛失について

2018年4月11日

ページ番号:433068

 大阪市水道局総務部総務課危機管理担当において、「災害時における水道施設の応急対策の協力に関する協定書」の紛失が判明いたしました。
 このような重大な事態を発生させ関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけし、市民の皆様の信頼を損なうことになりましたことを、深く反省するとともに、お詫び申し上げます。

1 事案の概要

 大阪市水道局総務部総務課危機管理担当(以下、「危機管理担当」という。)では、平成29年10月13日(金曜日)付けで「災害時における水道施設の応急対策の協力に関する協定書(以下、「協定書」という。)」を17社と締結し、大阪市内において災害が発生した場合に、協定締結先事業者から管路復旧用資機材の供給にご協力いただけることになっています。
 平成30年4月10日(火曜日)、危機管理担当内で書類の整理を行っていたところ、全協定書のうち1社(以下、「A社」という。)の協定書が見当たらないことが判明しました。事務室内を捜索しましたが発見に至らず、法人情報を含む公文書の紛失が発覚したものです。

2 判明後の対応

 平成30年4月10日(火曜日)、A社に対し電話連絡し、謝罪と説明を行い、ご了承いただきました。紛失した協定書については、再発行の手続きを追って行います。

3 紛失した書類に含まれる法人情報

 A社の法人印影

4 発生原因

 本件におきましては、公文書である協定書について、担当課内において管理を怠っていたことが原因です。
 なお、協定書は、通常、担当外へ持ち出すことのない書類であり、書類整理の際に誤って不要書類と一緒に廃棄処分した可能性が高いと考えられます。このことから、法人情報は担当外へは流出していないものと考えております。

5 再発防止について

 水道局では、公文書について、職員に細心の注意を払って取り扱うよう厳しく指導してきたにも関わらず、公文書の紛失について防止できなかったことにつきまして深く反省するとともに、今回の事故について厳粛に受け止め、事務処理に万全を期すよう改めて周知徹底してまいります。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局総務部総務課(危機管理担当)

〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATC ITM棟9階

電話:06-6616-5513

ファックス:06-6616-5409

メール送信フォーム