ページの先頭です

水道メーターの無線遠隔検針(水道スマートメーターの先行導入)にかかる企画提案を募集します

2018年9月25日

ページ番号:447740

1 先行導入の趣旨

 大阪市水道局では、無線通信を活用した水道メーター検針の導入に係る技術的な課題や費用対効果等を検証するため、2015(平成27)年度から2017(平成29)年度にかけて実証実験を実施し、その結果、周波数920メガヘルツ帯でLoRaWANを活用することにより、最長約1,200メートルの無線通信が可能であることを確認しました。

 このような結果を踏まえ、このたび、「関西イノベーション国際戦略総合特区」である南港咲洲地区(大阪市住之江区)において、水道メーターの無線遠隔通信を実施することとしました。

 この南港咲洲地区には、大阪府咲洲庁舎等の官公庁、マンション、ホテル、展示場、駅、大学、ビジネスオフィス、公園緑地など多種多様な業態の大規模な施設が点在しており、この地区に水道スマートメーターを全面的に導入することにより、お客さまサービスや水道事業運営上の様々な効果が効率的に確認できるものと期待しています。

 この実施に当たって、民間事業者の持つノウハウやネットワーク構築に関する幅広い知識と経験、専門性を活用するため、広く企画提案を募集します。

 なお、水道スマートメーターについては、このたびの南港咲洲地区への導入と並行して、検針業務の効率化や難検針の解消のほか、お客さまのご使用水量の見える化や漏水の早期発見など、新たなお客さまサービスの展開を含む付加価値の創出に向け、引き続き調査に取り組む予定としています。

2 実施概要

 対象地域の電子式水道メーターに無線通信ユニットを設置するなどして通信ネットワークを構築し、これにより収集した検針データから水道料金の調定を行い、継続的かつ安定した通信状況、業務フローについて確認するとともに、市内全域への本格導入に向けたノウハウの蓄積と課題整理を行います。

対象地域

関西イノベーション国際戦略総合特区の南港咲洲地区(住之江区南港北1丁目、2丁目の一部)

主要施設:大阪府咲洲庁舎、ATC、インテックス大阪など

対象施設数:63施設

メーター個数:81個
対象地域
別ウィンドウで開く

通信方式

2015(平成27)年度から3年間実施してきた実証実験結果から、LoRaWANに指定

3 実施内容

(1)業務名称

無線通信による遠隔検針ネットワーク構築及び運用業務委託

(2)業務内容

  1. 無線通信による遠隔検針ネットワーク構築及び運用
  2. 1に係る保守業務
  3. 業務実施結果報告書等の作成

(3)業務履行期間

平成31年4月1日から平成32年3月31日まで

4 今後の予定

  • 今年度中に業務委託先を決定します。
  • 平成31年4月から無線による遠隔検針を実施します。
  • 水道料金と水道使用量等のWeb上での見える化については、実施時期を調整します。
  • 今回の業務委託とは別にLoRaWAN以外の通信及び新たな付加価値についても継続調査します。

5 連絡先

大阪市水道局総務部ICT推進課
担当:内谷、谷口

〒559-8558 大阪市住之江区南港北2-1-10
アジア太平洋トレードセンター(ATC)ITM棟 9階

電話番号:06-6616-5411 ファックス番号:06-6616-5419 
メールアドレス:ICT@suido.city.osaka.jp

6 プロポーザル募集要項等

参考資料等

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市水道局総務部ICT推進課

〒559-8558 大阪市住之江区南港北2丁目1番10号 ATC ITM棟9階

電話:06-6616-5411

ファックス:06-6616-5419

メール送信フォーム