ページの先頭です
メニューの終端です。

新たな「住之江区将来ビジョン」を策定しました

2017年3月30日

ページ番号:392270

新たな「住之江区将来ビジョン」を策定しました。

 住之江区は、おおむね5年後の住之江区のめざすべき姿について、区政会議での議論を経て、住之江区将来ビジョンを策定しました。
 住之江区将来ビジョンは、住之江区がめざすまちの将来像と施策の方向及び重点プロジェクトを明らかにするもので、住之江区が区民のみなさんと共に進めるまちづくりの指針となります。また、今後の区の運営方針や予算案については、このビジョンを基に策定してまいります。

「住之江区将来ビジョン」の概要

めざす将来像

 子どもから高齢者まで、住之江区で暮らし、学び、働くすべての人が、自分の将来に夢と希望を持って、地域など、周りの人々と幸せに暮らすことのできるまちをめざします。
 住之江区の名前の由来のとおり、住みよい区、すなわち “e-SUMINOe” を私たちの「めざす将来像」とします。

施策の方向 ~4つの柱~

 めざす将来像に向け、「育てる」「支える」「楽しむ」「備える」の4つを柱に、施策を推進します。
1  「育てる」
  • 地域ぐるみで子育てする環境整備
  • 保護者、地域、区全体で支える学校教育
  • 先進的教育にチャレンジ
2  「支える」
  • 支援を必要とする人々を支える体制づくり
  • 地域で取り組む健康づくり
  • 暮らしを支えるセーフティネット
3  「楽しむ」
  • 住之江ならではのブランド力の向上
  • 多様な主体による地域の活気と魅力づくり
  • 愛着と生きがいを感じる地域づくり
4  「備える」
  • 災害に強いまちづくり
  • 自助・共助による災害への備え
  • 防犯活動の充実

施策の推進に向けた考え方

 めざす将来像に向けた「育てる」「支える」「楽しむ」「備える」の様々な施策を進めていくためには、地域、NPO、企業、行政などが、地域の現状や課題に関する情報を共有し、互いに協力しながら、まちづくりに取り組んでいく必要があります。また、そのためには、区民の皆さんに最も身近な行政機関である区役所が、より一層、力を発揮していくことが重要です。
 こうしたことから、施策推進のため、「情報発信の充実」「地域と共に進めるまちづくり」「区の組織力の強化」の3つを柱とした、以下のような取組や体制づくりを進めます。

1 情報発信の充実
  • 分かりやすい広報
  • 多様な手法を活用した情報発信
2 地域と共に進めるまちづくり
  • 区政会議を通じた区民意見の反映
  • 地域活動協議会、NPO、企業等の交流促進
  • 若い世代との協働
3 区の組織力の強化
  • 質の高い行政サービスの提供
  • まちづくりコーディネーターとしての機能の強化

別冊:重点プロジェクト

探している情報が見つからない