ページの先頭です
メニューの終端です。

カラス被害を受けないために

2017年5月19日

ページ番号:399877

繁殖期のカラスにご注意を!

  • カラスは5月から7月頃にヒナを育てます。巣に人が近づくと大きな声で鳴き続けたり、威嚇(いかく)行動をとることがありますので、巣がある木には近づかないようにしましょう。
  • 巣立ち直後のヒナは地面に落下することがありますが、ヒナに近づくと親ガラスに威嚇(いかく)されることがありますので、ヒナには近づかないようにしましょう。
  • カラスの捕獲や卵・ヒナを捕ることは禁止されています。どうしても被害の軽減が図れない場合は、捕獲許可について、動物愛護相談室(電話:06-6978-7710)にご相談ください。なお、許可申請及び捕獲については、その場所の所有者等に実施していただくこととなります。
  • カラスの被害を防ぐためには、カラスのエサとなる生ゴミは決まった時間に、決まった場所に出しましょう。

   なお、カラスによるごみの散乱被害を防止するために防鳥ネットの無償貸し出しを行っています。

 

  ※詳しくは、大阪市ホームページ「カラスについて」をご覧くだい。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

このページの作成者・問合せ先

住之江区役所 保健福祉課 健康支援
電話: 06-6682-9973 ファックス: 06-6686-2040
住所: 〒559-8601 大阪市住之江区御崎3丁目1番17号(住之江区役所3階)