ページの先頭です
メニューの終端です。

冊子『すみよし蔵ものがたり』

2012年5月8日

ページ番号:167828

『すみよし蔵ものがたり』とは…

 住吉区役所では、地域の豊富な歴史・文化資源を未来に語り継いでいくため、その魅力を発掘・調査・記録して情報発信を行っています。その一環として、冊子『すみよし蔵ものがたり』を制作しました。

 この冊子を通じて、様々な観点から「住吉の蔵」の魅力について、より深く知っていただくとともに、「住みよい町」住吉の歴史・文化資源を次世代に伝えるきっかけになればと願っています。

概要

 住吉区は1800年の歴史を誇る住吉大社をはじめ、多くの神社仏閣、古い町屋などとともに、蔵が数多く立ち並ぶまちです。昨年度、地域の建築家を中心とするワーキンググループ「住吉蔵部」が数ヶ月かけてフィールドワークを行い、区内に100ヶ所を超える蔵があることを確認しました。本冊子は、蔵マップなどの調査報告とともに、蔵所有者へのインタビューや蔵職人の話など、「住吉の蔵」について、様々なアプローチからその魅力をまとめたものです。

  • 街の見方、歩き方 赤﨑弘平(元大阪市立大学大学院教授、住吉蔵部顧問)
  • 「蔵」の変遷 植松清志(大阪人間科学大学教授)
  • 住吉大社と高蔵、御文庫について 小出英詞(住吉大社権禰宜)
  • 住吉の成り立ちと蔵の分布 阪田晴宏(住吉蔵部)
  • 蔵所有者に聞く 仙入洋、牧野高尚(ともに住吉蔵部)
  • 蔵職人に聞く(屋根編)  竹山通明、材寄法子、曽我部千鶴美(3名ともに住吉蔵部)
  • 蔵のあれこれ、蔵のあるまちなみ 阪田晴宏(住吉蔵部)
  • 表紙絵、挿絵 須和昌昭
  • デザイン 竹山温子(住吉蔵部)
  • 別添 住吉蔵マップ、蔵の実測図 住吉蔵部

企画及び編集 住吉蔵部

 住吉蔵部は、「住吉の歴史、文化を発掘し、わがまちの魅力を区内外に発信したい。」と自主的に活動する、区民が中心となった団体「住吉文化事業実行委員会」のワーキンググループです。住吉の蔵を建築的な視点から再調査し、その魅力や活用方法を発信しています。


(上図)住吉蔵マップ

冊子『すみよし蔵ものがたり』正誤表

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

すみよし蔵ものがたりアンケート【任意】

 今後の施策の参考とするため、ご協力いただければ幸いです。なお、お手数ですが、回答は下記までご提出ください。

住吉区役所市民協働課(区役所3階36番窓口)

  • 住所 大阪市住吉区南住吉3-15-55
  •  ファックス 06-6692-5535
  •  メールアドレス tu0002@city.osaka.lg.jp (メールタイトルに「蔵ものがたりアンケート」と記入してください。)

アンケート回答様式

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市住吉区役所 教育文化課

〒558-8501 大阪市住吉区南住吉3丁目15番55号(住吉区役所3階)

電話:06-6694-9989

ファックス:06-6692-5535

メール送信フォーム