ページの先頭です
メニューの終端です。

平成29年度すみよし学びあいサポート事業について

2017年7月31日

ページ番号:397682

「平成29年度すみよし学びあいサポート事業」がはじまりました!

5年目を迎える「すみサポ」、今年度は4月21日からスタート

すみよし学びあいサポート事業(以下、「すみサポ」)は、生活保護世帯など経済的に学習環境が整っていない世帯の中学生を対象に「学びあいの場」を提供し、大阪市立大学などの学生ボランティアや地域ボランティアなどによる学習支援を行うとりくみです。今年度は平成29年4月21日(金曜日)から週2回、住吉区民センターで学習支援をスタートしました。

区内の中学生18名が参加

生活困窮者自立支援法が平成27年4月1日から施行され、事業対象を生活保護世帯を含む生活困窮世帯へ拡大し、今年度は中学生18名が参加しています。昨年度の「すみサポ」では、参加した中学生の成績が向上したことや不登校になっていた生徒が勉強を教えてもらうことで自信がつき登校できるようになったなどの実績があがっています。また、「主任児童委員」のみなさまとの交流など地域からもあたたかく見守っていただくなど、「学びあいの場」が子どもたちにとっての大切な居場所にもなっています。今年度も引き続き成果をあげられるよう取り組んでいきます。

活動報告

4~6月

「すみよし学びあいサポート事業」(以下、「すみサポ」)は、毎週、火曜・金曜に実施し、中学生18名が参加しています。

出席状況は、おおむね良好です。

学習支援サポーター(以下、サポーター)については、大阪市立大学生を中心に、地域の社会人など参加しています。

また、5月から同大学の生活科学科の学生が共生社会学の演習の一環として、参加いただいています。

6月16日には、住吉区主任児童委員にご協力いただき、毎年の恒例行事「カレー交流会」を開催しました。

中学生・高校生(卒業生)・大学生・社会人、全員が一緒に食事をすることで、普段できない会話や交流を深め、中学生とサポーターとの信頼関係を築くこともできました。

交流会をきっかけに、緊張がほぐれ、互いにうち溶け合い、和気あいあいに楽しい雰囲気で「すみサポ」はスタートしています。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

住吉区役所 生活支援課
電話: 06-6694-9883 ファックス: 06-6692-4422
住所: 〒558-8501 大阪市住吉区南住吉3丁目15番55号(住吉区役所4階)