ページの先頭です
メニューの終端です。

第1回『大正オープンファクトリー』を開催しました!!

2016年1月15日

ページ番号:332601

大正区の“ものづくりの現場”の魅力を存分に味わっていただく2日間に延べ188名の方が参加!!

 平成27年11月6日(金)・7日(土)に西日本で初めてとなる第1回『大正オープンファクトリー』を開催し、全12コース、17もの“ものづくり”企業が工場を一斉に開放しました!!

 『大正オープンファクトリー』とは、大正区の誇りでもある“ものづくり”をもっと多くの方に知ってもらおうと、大正区で操業する“ものづくり”企業の工場見学と、大正区の魅力ある観光スポット巡りとを組み合わせたものです。

 この2日間にご参加いただいた方は、延べ188名!!大正区の魅力を存分に体感していただきました!!

当日の様子 11月6日(金)

Aコース (大中工業 株式会社~株式会社 ダイカン~三軒家公園〈近代紡績発祥の地〉)

 Aコースでは、製鐵所で作られた大きな鋼板を切断する『大中工業 株式会社』(三軒家東2-11-23)と、店舗のサイン(看板)やディスプレイを製作する工場『株式会社 ダイカン』(三軒家東3-1-7)を見学しました。

 大中工業 株式会社では、トラックが出入りし、クレーンが頭上を行きかい、金属を切断する甲高い音が響くいつものリアルな工場を見せいただきました。巨大な機械で、重厚な金属を切断する様子などを行程に沿ってご案内をいただきました。

 株式会社 ダイカンでは、様々なサイン(看板)が展示されているショールームを見学、最新の技術や丁寧な加工についてのお話をうかがいました。また、工場では実際に加工する現場を行程ごとにご案内いただきました。

 その後は、近代紡績発祥の地である『三軒家公園』(三軒家東2-12)で、大正歴史を語る会の方から当時のお話をうかがい、ものづくりの歴史を学びました。

大中工業 株式会社

大中工業株式会社写真その1
別ウィンドウで開く

金属を切断する時の注意点などわかりやすく教えていただきました。

大中工業株式会社写真その2
別ウィンドウで開く

「どのような製品になるのか?」など様々な質問が飛び交いました。

大中工業株式会社写真その3
別ウィンドウで開く

大型機械での切断は迫力満点!参加者が食い入るように見ています。

株式会社 ダイカン

株式会社ダイカン写真その1
別ウィンドウで開く

見たことのあるサイン!『ここで作られてたのか!』と感心する参加者。

株式会社ダイカン写真その2
別ウィンドウで開く

サインの製造における最新技術や丁寧な加工についてお話をうかがいました。

株式会社ダイカン写真その3
別ウィンドウで開く

サイン製造における素材の中には限りなく軽量を追求したものも。

Bコース (有限会社 ジェイパック~株式会社 コメック~平尾商店街)

 Bコースでは、紙を加工して手提袋・角底袋・封筒を製造する『有限会社 ジェイパック』(小林東2-6-25)と、冷凍のエビピラフ、五目炒飯などを生産している『株式会社 コメック』(平尾1-3-29)を見学しました。

 有限会社 ジェイパックでは、ダイレクトメールなどの封筒を作る工程を見学。封筒の余白部分を切り取る機械や、糊付け、製品の箱詰め作業などについて教えていただきました。

 株式会社 コメックでは、作業服に着替えて、エビピラフやチキンライスなど冷凍米飯を作る行程を見学。マイナス40℃冷凍体験や美味しいエビピラフと炒飯も試食しました。

 その後、数多くの沖縄物産や生活品なども販売する『平尾商店街(サンクス平尾)』(平尾3丁目)に向かい、沖縄の風を感じました。

有限会社 ジェイパック

有限会社ジェイパック写真その1
別ウィンドウで開く

工場の中は機械の音が激しく鳴り響いています。

有限会社ジェイパック写真その2
別ウィンドウで開く

封筒などの余白部分を切り取る機械の動きは圧巻です。

有限会社ジェイパック写真その3
別ウィンドウで開く

製品の箱詰め作業をとても近くで見ることができました。

株式会社 コメック

株式会社コメック写真その1
別ウィンドウで開く

工場への出入りには必ず作業服が必要です。衛生面にとても注意をされています。

株式会社コメック写真その2
別ウィンドウで開く

マイナス40℃の凍結体験。

株式会社コメック写真その3
別ウィンドウで開く

エビピラフと炒飯の試食!とても美味しそう。

C・Fコース (株式会社 クボタ~住友大阪セメント 株式会社~平尾商店街)

 C・Fコースでは、鋳物で農業・産業用のエンジンケースなどを製造している工場『株式会社 クボタ』(南恩加島7-1-22)と、昭和初期、この地にあった東洋一と言われるセメント工場『住友大阪セメント 株式会社』(南恩加島7-1-55)を見学しました。

 株式会社 クボタでは、鋳物ミュージアムで作業工程の説明を受け工場へ。溶かした鉄をポンプ(洪水対策用)の型に流し込む注湯作業を間近で見学。工場スケールの大きさ、型枠や機械・設備の大きさに驚きました。

 かつて東洋一のセメント工場と言われていた住友大阪セメント 株式会社では、セメントが運ばれてくる船舶などの見学をしました。今では、まちの移り変わりとともに工場から船舶で運ばれて来たセメントを袋詰めし、現場へ運ぶ基地的な役割を果たす施設となっていることなど、詳しくお話もうかがいました。

 その後、数多くの沖縄物産や、生活品なども販売する『平尾商店街(サンクス平尾)』(平尾3丁目)に向かい、沖縄の風を感じました。

株式会社 クボタ

株式会社クボタ写真その2
別ウィンドウで開く

まず始めに会社についての説明を受けました。

株式会社クボタ写真その1
別ウィンドウで開く

鋳物ミュージアムで作業工程の説明を聞きました。

株式会社クボタ写真その3
別ウィンドウで開く

間近で見る注湯作業は大迫力です。

住友大阪セメント 株式会社

住友大阪セメント株式会社写真その1
別ウィンドウで開く

始めに、会社についてのお話をうかがいました。

住友大阪セメント株式会社写真その2
別ウィンドウで開く

敷地内にある施設はどれも大きく壮大です。

住友大阪セメント株式会社写真その3
別ウィンドウで開く

船舶でセメントが運ばれてきます。その様子を見ることも出来ました。

Dコース (太田鉄工 株式会社~有限会社 飛鳥鉄工所~昭和山)

 Dコースでは、水道用及びプラント配管・水管橋などの設計・製作を行う『太田鉄工 株式会社』(泉尾2-25-25)と、金属の機械加工、溶接及び組み立て業務を行っている『有限会社 飛鳥鉄工所』(千島1-1-47)を見学しました。

 太田鉄工 株式会社では、区内から海外の都市まで、求められる多様なニーズの変化に応じた工法を教えていただきました。その後、たくさんの鋼管が並ぶ工場内を見学しました。

 有限会社 飛鳥鉄工所では、工業用ガスバーナーの製作に求められる技術、それを可能にするノウハウの一部を教えていただきました。ただし肝心要の技術は企業秘密でした。

 その後、大正歴史を語る会の方の案内で『昭和山』(千島2-7)山頂へ向かい、大正区の街並みを一望しました。

太田鉄工 株式会社

太田鉄工株式会社写真その1
別ウィンドウで開く

始めに、海外などでの仕事を映像で紹介してもらいました。

太田鉄工株式会社写真その2
別ウィンドウで開く

工場内で様々な配管を間近で見ながら、製作工程についてうかがいました。

太田鉄工株式会社写真その3
別ウィンドウで開く

工場内にはたくさんの製品が並び、それぞれの特徴などお話をうかがいました。

有限会社 飛鳥鉄工所

有限会社飛鳥鉄工所写真その1
別ウィンドウで開く

高品質な工業用ガスバーナーとなる溶接技術のヒントをうかがいました。

有限会社飛鳥鉄工所写真その2
別ウィンドウで開く

作業への工夫や作業道具へのこだわりなど、うかがいました。

有限会社飛鳥鉄工所写真その3
別ウィンドウで開く

実際に溶接するところを見せてもらいました。

Eコース (大阪市港湾局鶴町機械工場~鈴木合金 株式会社~千歳渡船・千歳橋)

 Eコースでは、大阪市保有船舶や港湾施設の維持管理を行う『大阪市港湾局鶴町機械工場』(鶴町2-20-47)と、鉄道車両、送変電設備、産業用電気機器関係の抵抗器専門メーカー『鈴木合金 株式会社』(鶴町2-5-16)を見学しました。

 渡船などの船舶整備や防潮鉄扉の維持管理を行っているのが港湾局鶴町機械工場。工場内の大きなドック施設を見学したり、防潮鉄扉の操作体験などをしました。防潮鉄扉が手動で簡単に開閉できることに驚きでした。

 鈴木合金 株式会社では、新幹線を始めとした鉄道車両用抵抗器などの製造工程を見学。また、電力用の抵抗体(鉄を溶かして手作業で砂型に流し込む迫力ある作業)、衝撃電圧発生装置で模擬的に雷を起こしての試験など特殊な内容を見学させていただきました。

 その後は、『千歳橋』の下をゆっくりと進む『千歳渡船』(鶴町4-1)に乗りました。

大阪市港湾局鶴町機械工場

大阪市港湾局鶴町機械工場写真その1
別ウィンドウで開く

工場内にあるドックを見学。大きさに驚きです。

大阪市港湾局鶴町機械工場写真その2
別ウィンドウで開く

水害から人命を守る鉄扉。目の前にするとその大きさが改めてわかります。

大阪市港湾局鶴町機械工場写真その3
別ウィンドウで開く

鉄扉を手動で開閉する作業を体験。簡単に動く事に驚きです。

鈴木合金 株式会社

鈴木合金株式会社写真その1
別ウィンドウで開く

鉄を溶かして流し込む作業は迫力満点。

鈴木合金株式会社写真その2
別ウィンドウで開く

抵抗器について、詳しくお話いただきました。

鈴木合金株式会社写真その3
別ウィンドウで開く

衝撃電圧発生装置で実際に雷を起こしてくれました。凄く大きな音に驚きです!

当日の様子 11月7日(土)

Gコース (中村工業 株式会社~株式会社 大波機械製作所~尻無川水門)

 Gコースでは、産業の命綱と言われているワイヤロープの加工工場『中村工業 株式会社』(泉尾6-5-40)と、超大型工作機械で発電用ガスタービンなどを製作する『株式会社 大波機械製作所』(泉尾7-5-40)を見学しました。

 中村工業 株式会社では、手作業による迫力のある作業や、機械による素早い加工など、それぞれの良さがあることを学びました。まさに「ゲンバ」の雰囲気に圧倒されました。

 株式会社 大波機械製作所では、巨大な機械で加工する迫力の現場を見学し、発電所に納品される製品の加工に求められる高度な技術や加工の難しさについてパネルで丁寧に説明いただきました。

 その後、尻無川にある『尻無川水門』(泉尾7-5)を見学し、クイズ方式で水門についての知識を高めました。

中村工業 株式会社

中村工業株式会社写真その1
別ウィンドウで開く

加工現場を見せてもらいました。職人技に参加者全員驚きです。

中村工業株式会社写真その2
別ウィンドウで開く

極太ワイヤの加工現場。最後に余ったワイヤを切断する作業は火花が飛び散り大迫力です。

中村工業株式会社写真その3
別ウィンドウで開く

小さなワイヤロープでキーホルダーやアクセサリーを作りました。

株式会社 大波機械製作所

株式会社大波機械製作所写真その1
別ウィンドウで開く

巨大な製品が出入りする工場なので入口も巨大です。

株式会社大波機械製作所写真その2
別ウィンドウで開く

工場内を見渡せば、全てが大きく圧巻です。

株式会社大波機械製作所写真その3
別ウィンドウで開く

実際に超巨大な機械を動かしてもらいました。開いた口が閉まりませんでした。

H・Kコース (山忠木材 株式会社~株式会社 フィル WALPA/壁紙屋本舗~昭和山)

 H・Kコースでは、工務店などへ販売するため木材の加工などを行う『山忠木材 株式会社』(千島3-18-9)と、自分でリフォームを行うための壁紙や床材などを販売する会社『株式会社 フィル WALPA/壁紙屋本舗』(小林西1-15-12)を見学しました。

 山忠木材 株式会社では、地域に開放されたサロンでお話を聞き、工場を見学。木材加工の体験もしました。また、角材切りレースをしたり、大阪の木で本格的に作る「ミニ家づくり」も行い、たくさん木に触れ、大阪の木のぬくもりを感じることができました。

 株式会社 フィル/WALPA壁紙屋本舗では、日本の壁紙をはじめ、海外のユニークな壁紙などを見せてもらいました。また、壁紙貼り体験を行い、のりや道具を使い簡単に貼ることができ驚きました。普段からワークショップなども行っており、大人気とのことです。

 その後、大正歴史を語る会の方の案内で『昭和山』山頂へ向かい、大正区の街並みを一望しました。

山忠木材 株式会社

山忠木材株式会社写真その1
別ウィンドウで開く

木のぬくもりを触って感じました。

山忠木材株式会社写真その2
別ウィンドウで開く

角材切りレース!ギコギコ最後までがんばれ!

山忠木材株式会社写真その3
別ウィンドウで開く

大阪の木で本格的に作る「ミニ家づくり」、職人さんの指導のもと真剣に取り組みました。

株式会社 フィル WALPA/壁紙屋本舗

株式会社フィルWALPA壁紙屋本舗写真その1
別ウィンドウで開く

会社はまるで海外に来たかのような感覚になるデザインです!

株式会社フィルWALPA壁紙屋本舗写真その2
別ウィンドウで開く

中に入ると海外からも集められたたくさんの壁紙が!

株式会社フィルWALPA壁紙屋本舗写真その3
別ウィンドウで開く

壁紙貼りを体験しました!!自分でも簡単にできます!!

I・Lコース (株式会社 木幡計器製作所~五色屋~平尾商店街)

 I・Lコースでは、圧力計・差圧計などの圧力計測機器を製造する『株式会社 木幡計器製作所』(南恩加島5-8-6)と、和菓子の製造を行っている店舗『五色屋』(平尾3-22-18)を見学しました。

 株式会社 木幡計器製作所では、計器がどんなところで使われているのかの説明を受け、現場で製作工程を見学。細かな調整作業やはんだ付け、計器を使ったゲーム体験などをしました。

 五色屋では、繊細な和菓子づくりの工程を見学。手作りの良さが伝わりました。特別に、おきナニワんドリンクやおきナニワんロールなどの試食もありました。

 その後、『平尾商店街』(平尾3丁目)で色々なお店を探検しました。

(株)木幡計器製作所

株式会社木幡計器製作所写真その1
別ウィンドウで開く

計器のはんだ付け作業を見学しました。

株式会社木幡計器製作所写真その2
別ウィンドウで開く

計器の調整作業も見学しました。

株式会社木幡計器製作所写真その3
別ウィンドウで開く

圧力計を用いた「空気入れシュポシュポゲーム」を楽しく体験しました。

五色屋

五色屋写真その1
別ウィンドウで開く

作業場で和菓子製作工程を見学しました。

五色屋写真その2
別ウィンドウで開く

繊細な和菓子づくり!手作りの良さが伝わります!

五色屋写真その3
別ウィンドウで開く

特別に試食もしました。その美味しさにみなさんたくさん購入していました!

Jコース (株式会社 日本電機研究所~中村工業 株式会社~尻無川水門)

 Jコースでは、工場の自動化をコントロールする制御盤などを製作する『株式会社 日本電機研究所』(泉尾6-5-40)と、産業の命綱と言われているワイヤロープの加工工場『中村工業 株式会社』(泉尾7-1-1)を見学しました。

 株式会社 日本電機研究所では、最新製品が並ぶ展示室や制御盤の説明を受けながら製造ラインを見学。細やかな作業も多く、女性の方も活躍されているそうです。憩いの場でもある屋上庭園も見せていただきました。

 中村工業 株式会社では、ロープの加工現場を見学。太いロープは迫力満点。ロープの種類や加工方法などについて教えていただきました。

 その後、『尻無川水門』(泉尾7-5)を見学。クイズ形式で水門についての知識を高めました。

株式会社 日本電機研究所

株式会社日本電機研究所写真その1
別ウィンドウで開く

会社の業務内容やこだわりなど丁寧に説明をしてくれました。

株式会社日本電機研究所写真その2
別ウィンドウで開く

職員の憩いの場、屋上庭園を見学しました。

株式会社日本電機研究所写真その3
別ウィンドウで開く

展示室には最新の制御盤や遠隔操作ロボットが展示されていました。

大正区の観光スポット

昭和山

昭和山写真その1
別ウィンドウで開く

大正歴史を語る会の方の案内で昭和山山頂まで登りました。

昭和山写真その2
別ウィンドウで開く

山頂では大正区の歴史についてのお話をうかがいました。

昭和山写真その3
別ウィンドウで開く

大正歴史を語る会発行の登頂証明書。記念になります。

平尾商店街(サンクス平尾)

平尾商店街写真その1
別ウィンドウで開く

平尾商店街へ!!たくさんの沖縄物産が販売されています。

平尾商店街写真その2
別ウィンドウで開く

商店街に入ると色々な店が立ち並び心がウキウキします。

平尾商店街写真その3
別ウィンドウで開く

見るだけでも楽しい商店街です!!

千歳渡船・千歳橋

千歳渡船写真その1
別ウィンドウで開く

古くから大正区民の足として活躍する渡船。今もなお多くの人を乗せゆっくりと進みます。

千歳渡船写真その2
別ウィンドウで開く

桟橋を渡り船に乗り込みます。運転手さんが笑顔であいさつしてくれます。

千歳渡船写真その3
別ウィンドウで開く

頭上には千歳橋が、周りには工場が、とてもいい景色です。

尻無川水門

尻無川水門写真その1
別ウィンドウで開く

尻無川にある水門。その大きさに驚きです。

尻無川水門写真その2
別ウィンドウで開く

クイズ形式で水門についての話を聞きました。重量や閉鎖にかかる時間など、初めて知ることが多く、みんな驚きです。

尻無川水門写真その3
別ウィンドウで開く

「動いているところを見たい!!」という声もありました。

参加者の主な感想

・会社を見せてもらうとファンになる会社が多いので、オープンファクトリーは続けてほしい。

・他の企業の見学の機械があれば良いと思う。

・普段は外からしか見ることのできない工場の内部を見せていただき、区内で操業する企業が身近な存在になったと思う。

・企業側ができるだけわかりやすく伝えようとする意気込みを感じた。

受入企業の声

・ものづくりの現場を身近に感じていただいたのでは。社内の役割分担ができ、従業員教育に繋がった。

・従業員も刺激を受けた。

・負担は大きいが効果も大きいので継続開催すべき。

・参加者の求めている内容を事前に把握し、対応すべき。企業がボランティアで行っていることが明確になっていない。

・コース選択理由を事前に把握できればもっと良い対応ができる。

大正オープンファクトリー記録集

大正オープンファクトリー協力企業等

大中工業(株)、(株)ダイカン、(有)ジェイパック、(株)コメック、(株)クボタ、住友大阪セメント(株)、太田鉄工(株)、(有)飛鳥鉄工所、大阪市港湾局鶴町機械工場、鈴木合金(株)、中村工業(株)、(株)大波機械製作所、山忠木材(株)、(株)フィル WALPA/壁紙屋本舗、(株)木幡計器製作所、五色屋、(株)日本電機研究所、大正歴史を語る会

大正オープンファクトリー協賛企業

(株)ダイカン、太田鉄工(株)、(株)クボタ、阪神精器(株)、港産業(株)、大阪製鐵(株)、(有)糸永溶接工業所、上田鉄工(株)、ウツエバルブ(株)、近江産業(株)、大阪鋼圧(株)、片山ストラテック(株)、桑畑電機(株)、高圧化学工業(株)、児島電機(株)、(株)コメック、サンアグロ(株)大阪工場、(株)三栄製作所、泉陽(株)、大一帆布(株)、(有)大正製作所、(株)太陽商会、高田鋼材工業(株)、テイカ(株)大阪工場、ヰゲタ鋼管工業(株)、大阪府中小企業家同友会 中央ブロック

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市大正区役所 総務課政策プロモーショングループ

〒551-8501 大阪市大正区千島2丁目7番95号(大正区役所5階)

電話:06-4394-9683

ファックス:06-6553-1981

メール送信フォーム