ページの先頭です
メニューの終端です。

高知県中土佐町立久礼中学校の生徒44名が(株)木幡計器製作所と(株)クボタを見学しました!

2016年8月31日

ページ番号:366947

ものづくりの豪快さと繊細さに触れて

 平成28年4月22日(金)に、高知県中土佐町立久礼中学校2年生の生徒44名が、圧力計・差圧計などの圧力計測機器を製造する工場(株)木幡計器製作所(南恩加島5-8-6)と、鋳物で農業・産業用のエンジンケースなどを製造している工場(株)クボタ恩加島事業センター(南恩加島7-1-22)を見学しました。

 (株)木幡計器製作所では、圧力計の製造工程を学習しました。工場内では、そのほとんどが手作業によるもので、繊細さや緻密さにみなさん驚いていました。

 (株)クボタでは、工場内で溶かした鉄を大きな鍋から鍋へと移す工程などを見学しました。その大迫力にみなさん目を丸くしていました。

株式会社木幡計器製作所見学の様子写真その1
別ウィンドウで開く

(株)木幡計器製作所 
【圧力計の品質を確認するための装置】を実際に使用し圧力計の仕組みについて学習しました。みんな興味津々です。
【体験】

株式会社木幡計器製作所見学の様子写真その2
別ウィンドウで開く

(株)木幡計器製作所 
【はんだ付け作業】を見学させていただきました。圧力計内部にある細かな部品を取り付ける作業を真剣に見ていました。
【見学】

株式会社クボタ見学の様子写真その1
別ウィンドウで開く

(株)クボタ【鋳物ミュージアム】 
会社内にある鋳物ミュージアムを見学させていただきました。農業用などの機器に使われるエンジンのサンプルなどを見ることができました。
【見学】

株式会社クボタ見学の様子写真その2
別ウィンドウで開く

(株)クボタ【鋳物ミュージアム】
発泡スチロールで出来たエンジンの型なども見ることがでいました。硬い物を作る工程の中に、柔らかい物を使うということにみなさん驚いていました。
【見学】

学生の主な感想 (株式会社 木幡計器製作所)

・一つ一つのパーツを手作業で作成していて、機械だけでやっているのではないと知って驚きました。

・100年もずっと同じ物を作っていると聞いて、凄いなと思いました。

・圧力計は日常でも活躍しているということが分かりました。圧力計を作るのには製造の方法は簡単に見えても、難しい技術を使う所もあると分かりました。

学生の主な感想 (株式会社 クボタ)

・マグマと同じ温度で溶かした鉄を流し込むことなど、印象に残りました。

・この工場で働いている人たちがカッコいいなと思いました。古い工場の感じが好きになりました。

・思っていた以上に、エンジンなどを作ることが大変だと分かりました。命がけの仕事で凄かったです。

工場見学会当日の動き

工場見学会実施時間帯:9時00分~10時45分


・(株)木幡計器製作所(14名)

   9時00分  バス到着後、工場へ。工場内で圧力計の仕組みを学ぶ体験型学習。バスは(株)クボタへ。

   9時05分  会社内へ移動し、会社案内などの講話。

   9時45分  工場見学開始。

  10時40分  工場見学会終了。バスに乗車。


・(株)クボタ(30名)

   9時05分  バス到着後、4階会議室へ。バスはそのまま待機。

   9時10分  大正区のものづくりに関する取組紹介。(大正区長)

   9時30分  工場見学開始。

  10時30分  工場見学会終了。バスへ乗車。バスは(株)木幡計器製作所へ。


 

 ※工場見学に関する注意事項

  工場見学には原則、『長袖・長ズボン』をご用意ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市大正区役所 総務課政策プロモーショングループ

〒551-8501 大阪市大正区千島2丁目7番95号(大正区役所5階)

電話:06-4394-9683

ファックス:06-6553-1981

メール送信フォーム