ページの先頭です
メニューの終端です。

ついにグランプリが決定!「T-1ライブグランプリ2017」ファイナルを開催しました!!

2018年1月11日

ページ番号:421091

「T-1ライブグランプリ2017」ファイナルを開催しました!!

平成29年12月17日(日)、熱戦続きの各予選を経て、T-1ライブグランプリはいよいよファイナルを迎えました。
各回予選で勝ちあがってきた6組の精鋭たちと、今年のT-1を支えてきたボランティアスタッフたちの熱い思いで、ファイナルの舞台となる区民ホールは開場前から熱気にあふれていました。


司会者


今回の司会は、優木 瑛美(ゆうき えみ)さん!
T-1の司会は2年ぶりでしたが、成人の日のつどいなどの当区の他イベントのほか、ベイ・コミュニケーションズの番組でも活躍されているだけに、堂々たる進行ぶりでした!

そして、淀みのないルール説明、出場者紹介が終わると、ついに最終決戦の火蓋が切られました。

そして本戦がスタート!!

第一出場者

ファイナルのトップバッターは、予選第1回を勝ちあがったシンガーソングライター「オオツエ」!

母校の小学校の思い出を歌った「夕焼け校舎」、そして「宝物は時刻表」の2曲を披露。

トップバッターでの演奏となりましたが、「暖かさ」や「ふるさと」といったコンセプトはお客さんに伝わり、会場も暖まりました!

 

第二出場者

2組目は、予選第2回を勝ちあがったアコースティックグループ「FRANK(フランク)」!

T-1ライブGPファイナルの舞台に立てているのは大正の人たちのおかげだと、感謝の思いを込めて歌った「Thanks」、そして「Over the Rainbow」の2曲を披露。

今日の為に新しく曲を書き下ろすなど、ファイナルの舞台を全く新しい気持ちで臨んだという彼らの思いに、お客さんもこぶしを突き上げて呼応しました!

 

第三出場者

3組目は、予選第1回を勝ちあがったアコースティックユニット「今村 光志(いまむら みつし))」!

予選と同じく「時の花」、そして「君のために作った歌」の2曲を披露しました。

13歳の頃からずっと夢見てきたT-1ライブGPの舞台で、しかもファイナルのステージでしたが、地元のファンの熱い声援も受けて、精一杯演奏しきりました!

 

第四出場者

4組目は、予選第2回を勝ちあがったダンスバンド「パレス」!

「思い出に浸る時」、「here&there」の2曲をお届け!

「今回に全てをかけている」、「準GPに終わった2年前とは違うというところを見せる」と挑んだステージは迫力満点!

衣装、ダンスの振り付けの一つ一つに拘ったというパフォーマンスで会場のボルテージも高まりました!

 

第五出場者

5組目は、予選第2回を勝ちあがったシンガー「大曽根クルール(おおそねくるーる)」!

自分自身に語りかけるきっかけになればいいなと考えて作ったという「不安とキス」、「がんばれ」を披露。

特に「がんばれ」は、使い方によってはプレッシャーにもなってしまうものの、その言葉のもつ一番良い部分を皆に届けたいと熱唱。

シンプルなワードで構成された楽曲が、お客さんへもストレートに伝わり、大きな拍手が起こりました。

 

第六出場者

ファイナルのトリを務めたのは、予選第1回を勝ちあがったシンガーソングライター「優希(ゆうき)」!

12月ということで「お願いサンタさん」、そして予選でも歌った「金のはりがね」の2曲を披露。

全国を歌って周る旅をし、たくさんの出会いと別れを経験してきた彼女。

出会ってから別れるまでのひと時を大事に過ごしたいとの気持ちで歌い上げる姿に、お客さんも聞き入っていました。

 

6組の演奏が終了し、投票へ・・・集計の間にもお楽しみが!

すべての組の演奏が終了し、審査員と会場のお客さんによる投票が行われました。

演奏終了後も興奮冷めやらぬ会場では、気に入ったアーティスト2組をどのグループに投票しようかとかなり悩まれているようでした。

 

投票用紙の集計中には、スペシャルライブ及びゲストライブを行いました!

スペシャルライブ

予選に引き続き、ファイナルのスペシャルライブも豪華二本立てです!

まずは、一昨年のグランプリ受賞者で第7代大正区音楽振興大使のヒサ絵(ひさえ)さんが、登場!

 

ヒサ絵

浮気をした男に銃口を向ける歌「サプライズ」、そして、「祈り」の2曲を披露。

「祈り」は、犯罪被害に遭われた方へのチャリティイベントのオファーもあったという特別な曲。

一昨年は自身も立ったファイナルの舞台を、「ドキドキしながら待った」と振り返り、緊張するなかで力を発揮するのに苦労したが、それが良い経験になったと懐かしみました。

 

続いては、andREの登場!

今回、新しい大正区音楽振興大使が決定するということで、彼らの大使としてのラストライブになりました。

andRE

そんなラストライブを惜しむ空気が会場に流れるなか、まずは、andREの”一番やりたい”という楽曲「毒男」、披露。

曲間のMCでも、無言でじっと見つめてトークを促すNaoyaさんに対し、キタオさんが「そんなにかわいらしく見つめないで」と尻込みするなど、andRE独特のやりとりは健在で、お客さんもにこやかに見守りながらも、かえって名残惜しそうでした。

最後は、この1年で「友、仲間」の様な存在となった大正区へ向けて”別れを惜しむ曲”「BG」をしっとりと歌い上げ、第8代大正区音楽大使としての仕事をやり抜いてくれました。

 

Naoya
キタオ ヒ◇ユキ

ゲストライブ

さらに、今回はニューヨークを拠点に活動する実力派シンガーTiA(ティア)さんによるゲストライブを行いました!
16歳でメジャーデビューを果たしセカンドシングル「流星」は、人気アニメの「ナルト」のエンディングテーマに選ばれ、さらに昨年には世界規模のゴスペルコンテストにて日本人初優勝の快挙を成し遂げたということで、海外からもT-1にお客さんが来られたほどの注目度でした!

区長とヒサ絵さんのコラボ

軽快なリズムに乗って登場し、「Say!」、「Yeah!」といったコールアンドレスポンスでお客さんと呼吸をそろえた後は、自身がアメリカへ渡ってからずっと歌い続けてきたという、「I will always love you」のカバーを披露しました。

曲間のMCでは、若くして歌手としてのキャリアを形成しながらも、「歌わない」ということを目的としてアメリカに渡ったものの、今もこうして歌い続けるTiAさんの心境の変化を語りました。

そして最後は、大正区民ホールいっぱいに集まったお客さんに感謝の気持ち、そして愛をこめて、「Center of My Joy」を歌唱しました。

全米を虜にした、その言葉にならない素晴らしい歌声に、本場ニューヨークさながら立ち上がって拍手を送るお客さんもいらっしゃいました。

 

そして、ついに結果発表!

今年も予選からハイレベルな戦いがくりひろげられ、誰がグランプリに輝くのか想像できませんでした!!

さすがはファイナル。その甲乙つけがたい内容に審査員で話し合った結果、今年もグランプリ・準グランプリのほかに審査員特別賞を設けることに!

 

さあ、いよいよ発表です!

 

T-1ライブグランプリ2017の審査員特別賞、準グランプリ、そして栄えあるグランプリに輝かれた方は

・・・・・

 

・・・・

 

・・・

 

・・

 

 

次の方々です!!

審査員特別賞

審査員特別賞は、迷惑や心配をかけた方々に恩返しをしたいという気持ちをこめてうたった「優希(ゆうき)」さんが受賞しました。

 

 

 


 

 

準グランプリ

そして準グランプリには、「大曽根クルール(おおそねくるーる)」さんが選ばれました!

 

 

 

 

 

グランプリ

最後に、T-1ライブグランプリ2017の栄えあるグランプリに輝いたのは、美しいハーモニーやリズム感、そして笑いも交えて観客を虜にした「パレス」さんでした!

司会者からGPに選ばれた気持ちを尋ねられると、

今回のT-1に全力を注ぐ余り、開口一番「疲れましたわ~。」と、緊張の糸も途切れた様子でしたが、「会場の皆さん、切磋琢磨できた出場者の方々など、一つでもその要素が欠けていればこの結果はなかった」と続け、周りへの感謝の思いをコメントしました。

 

そして、表彰式では、グランプリのパレスさんに吉田区長から表彰状の授与、第9代大正区音楽振興大使への任命が行われ、第8代大正区音楽振興大使のandRE(アンドレ)のキタオ ヒ◇ユキ(ひろゆき)さんからグランプリトロフィーが手渡されました。

次期大正区音楽振興大使としての活躍が期待されるパレスのボーカルの横田さんは、「大正区の看板を背負っていくので、その名に恥じぬように頑張りたい」大使のたすきを引き継ぐうえでの意気込みを語ってくれ、大盛況のうちに「T-1ライブグランプリ2017」もついに幕を閉じました。

グランプリ

T-1ライブグランプリは、2018年ももちろん実施します!

9年目を迎え今まで以上の進化を遂げたT-1ライブグランプリですが、10年目となる次回もさらにパワーアップして実施していきます!

気になる開催日程や出演者及びボランティアスタッフの募集詳細については、2月頃にホームページで公開しますので今しばらくお待ちください。

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大正区役所 市民協働課
電話: 06-4394-9743 ファックス: 06-4394-9989
住所: 〒551-8501 大阪市大正区千島2丁目7番95号(大正区役所4階)

メール送信フォーム