ページの先頭です
メニューの終端です。

「文楽体験と公演」を開催しました!

2019年1月11日

ページ番号:456894

「文楽体験と公演」♪

大正区では、大阪が誇る伝統芸能である文楽の奥深い魅力に触れてもらう機会として、平成30年12月22日土曜日に、大正区わがまちビジョン運営委員会企画による「文楽体験と公演」を開催しました。

開催にあたり、吉田大正区長は、文楽という伝統文化の「ほんまもん」をこどもたちに見せることで、こどもたちに「あこがれ」のかたちをお見せし、夢づくりをサポートしていくことについて話しました。

受付風景
区長あいさつ

まず初めに、義太夫節の解説と体験です。

わかりやすくユーモアのある解説や、三味線の音色に会場の皆さんも魅了されました。

また、体験として、老若男女それぞれの笑い声や泣き声を会場の皆さんで発声しました。

太夫節解説
太夫節実演

続いて人形の解説です。人形は、かしらや衣装など、ばらばらに保管されています。

人形を動かすときは、主遣い(おもづかい)が首(かしら)と右手を、左遣いが左手を、足遣いが脚をそれぞれ操作します。なんと、一体につき3人が必要となります!また、その動かし方も大変難しいです。

観客の中から3名の方が舞台に上がり、人形を触って動かし方を体験!

人形解説
人形体験

最後はいよいよ壷阪観音霊験記「山の段」公演です!今年度は、人間国宝である吉田和生(よしだかずお)さんに女の人形の主遣いとして出演いただきました!!

終了後、観客席からは大拍手!

「感動して泣いてしまいました」「解説されてから観ると、すごく理解できました」「これからも続けてほしい」「文楽に興味を持ち、劇場へ観に行こうと思う」とのご意見も頂きました。

公演
公演2

アンケート集計結果

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

文楽関係おしらせ

文楽に興味を持たれた方は是非、劇場へ足をお運び下さい。

4月文楽公演 平成31年4月6日(土曜日)-29日(日曜日)

詳細はこちら→http://www.ntj.jac.go.jp/bunraku.html別ウィンドウで開く

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大正区役所 地域課 地域グループ
電話: 06-4394-9743 ファックス: 06-4394-9989
住所: 〒551-8501 大阪市大正区千島2丁目7番95号(大正区役所4階)

メール送信フォーム