ページの先頭です
メニューの終端です。

第2回 こども会議 (キッズシティ天王寺)

2014年8月29日

ページ番号:238434

第2回 このまちに必要な仕事を考えてみよう

平成25年10月5日(土)9時30分~12時30分 天王寺区役所


「こども会議」も2回目です。今回は22名の小学生が参加してくれました。

初めて参加するメンバーもいるので、まずはアイスブレイクで緊張をほぐします。
拍手送りや エアーキャッチボールをしてみんなで楽しみました。
この周りをしっかり見渡していないとうまくいかないゲームを通じて今回は「コミュニケーション」がとても大切なキーワードとなることを学びます。
きちんと人の話を聞く。きちんと人に意見や思いを伝える。
それは当たり前のことのようで、生活の中で、ついついないがしろにされてしまうことでもありますが、
実はこの部分がキッズシティ天王寺をつくるにあたって、とても大切な土台となります。



宿題の「まちマップ」では、天王寺のまちをこどもたちがそれぞれにイメージして、 「こんなまちだったらいいなぁ。」と、図に描いてきてくれました。

そして、自分の「好き」を仕事にしたら何になるかを書いて貼り出します。
「弁護士」、「CDを流す人」、「ネイリスト」などなど様々なお仕事がありました。



次は好きじゃないけど必要なお仕事を考えます。

自分の「やりたい!」を形のするだけでは、「まち」としては不完全。
人にとって必要なものや、人を助ける仕事が、本物のまちにはたくさんあります。
普段何気なく存在しているけれど、それぞれになくてはならない役割があるんだということに気づいていきます。
たくさん出し合った後で、グループで4つに絞っていく作業を行いました。
市役所、警察、学校、ごみ収集車など、いろいろ出てきました。



ちょっと緊張するけれど、グループで4つに決めたお仕事を発表します。
なぜこの仕事に決めたのかも説明できました。

今回は、「みんなで話し合ってまとめてね」という時間がいくつもありました。
自分から話すのは恥ずかしい。なんだか緊張する。
そんな様子もはじめは見られましたが、時間が経つにつれ、積極的に話し合いに参加し、
コミュニケーションを取り合うこどもたちの様子が見られました。



キッズシティ天王寺の開催に向けて、たくさん出た仕事の中から25個にしぼっていきます。
簡単なようで実はとても難しい作業でした。
途中で集中が切れてしまうこともあったけれど、 無事に最後は25個決定。みんな頑張りました。



決めた仕事の内容を考えるグループをゲームで決めます。
言葉を使わないで誕生日順に並ばなくてはなりません。
始めは戸惑っていましたが、ジェスチャーでどんどん意思疎通していきます。
1箇所だけ間違ってたけれど、みんなコミュニケーションをとるのがうまくなったようです。
グループで考える仕事はジャンケンで決めます。グループの代表は力が入っていました。




グループで考えたけど、残念今回は時間切れ。
みんなで考えた「しごと」は区役所や銀行などの公共機関やカフェ、デザイナーやスタイリストと多種多様です。

次回は当日に向けて、さらにひとつひとつの仕事をこどもたちが深めていきますので、お楽しみに!

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

天王寺区役所 市民協働課 未来人材育成グループ
電話: 06-6774-9743 ファックス: 06-6774-9692
住所: 〒543-8501 大阪市天王寺区真法院町20番33号(天王寺区役所3階)

メール送信フォーム