ページの先頭です
メニューの終端です。

有毒植物による食中毒に注意しましょう

2018年9月14日

ページ番号:428732

有毒植物による食中毒の多くは、山菜狩りなどで誤って有毒な野草やキノコを採取し、食べることにより発生しています。野生植物には有毒成分を含んでいるものもあり、誤って食べると、嘔吐、下痢、手足のしびれ、呼吸困難などの中毒症状を呈し、場合によっては死亡することもあります。

毎年、春先から初夏にかけて有毒植物を誤食したことによる食中毒事例が多く報告されており、死亡する事案も発生しています。特に高齢者の事例が高い割合を占めています。

食用と確実に判断できない食物については、絶対に「採らない」「食べない」「売らない」「人にあげない」ように注意してください。

 

・食用と間違えやすい有毒植物の写真と有毒植物を誤食したことによる食中毒事例が掲載されています。

有毒植物に要注意【厚生労働省】

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000122953.pdf別ウィンドウで開く

 

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市天王寺区役所保健福祉課
住所: 〒543-8501 大阪市天王寺区真法院町20番33号(天王寺区役所2階)
電話: 06-6774-9973 ファックス: 06-6772-0308