ページの先頭です

アイ・スポット(まちづくりの情報発信施設)

2017年1月6日

ページ番号:18184

アイ・スポットについて

アイ・スポット ロゴ

 中央区今橋4丁目の御堂筋沿道にある淀屋橋odonaの2階部分〔旧大阪市立愛日(あいじつ)小学校跡地〕に、大阪市のまちづくりに関する情報を展示し、市民の方々に広く利用していただける、まちづくりの情報発信施設(呼称:アイ・スポット)を開設しています。

 アイ・スポットでは、コーナーごとに大阪のまちづくりに関する情報展示、DVDの放映及びまちづくりに関するイベントなどを実施しています。

展示内容(常設)

 アイ・スポットでは、旧愛日小学校の歴史、懐徳堂(かいとくどう)・適塾(てきじゅく)、大阪市の拠点開発、御堂筋彫刻、大阪市航空写真(昭和17年、平成19年)、について展示しています。

展示内容詳細

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

お知らせ

イベントスケジュール

『2016年度後期 大阪大学21世紀懐徳堂i-spot講座』

『西洋絵画に描かれた太陽と月』

17世紀のイタリアで活躍した西洋初の風景画家ともいえるクロード・ロランから、19世紀のイギリスを代表する画家ターナーまで、西洋の画家たちは競って太陽の新たな表現を試みるようになりました。しかし、太陽だけでなく、月や星もそれ以前からさまざまなかたちで描かれています。太陽と月を中心に、天体の絵画的表現の変遷をたどります

開催日時:平成29年1月20日(金曜日) 19時~20時30分 定員:先着30名

 

 

『ビールに彩られた大阪の風景』

日本人初のビール事業、小規模醸造所の叢生、巨大資本による近代的ビール工場の操業、日本初のビアホール・ビアガーデン、寡占市場の形成と挑戦、クラフトビールの躍進…。大阪は西洋文明の嗜好品の一つをいち早く取り入れ、製造・普及に邁進し、現在でも業界を牽引しています。このような意味において、日本ビール史上、大阪は重要な地位に位置しています。本講座では、大阪のビール史をひもとき、その歴史的背景を紹介します。ビールの歴史を知って、より美味しく呑んでください。

開催日時:平成29年1月27日(金曜日) 18時30分20時 定員:先着30名

 

 

 

『皮膚は考える:紫外線と皮膚の微妙な関わり』

皮膚は紫外線など多様な外的あるいは内的な刺激・侵襲に備え、非常に精緻な恒常性を司る機能を持ち、単に皮膚のみでなく全身の健康の維持に重要な役割を果たしています。そのような防御システムの一時的な破綻や機能障害により様々な症状が皮膚に現れ、その究極の表現型は皮膚の老化や紫外線発ガンです。 この講座では皮膚のもつ新しい機能を含め、進化論から考える紫外線と皮膚に関わる話題を提供します。

開催日時:平成29年2月7日(火曜日) 19時20時30分 定員:先着30名

 

 

 

『世界はなぜ月をめざすのか』

アポロ計画終了からこれまで40年以上の間、人類は月に立っていません。しかし、無人探査機によって月の科学は進み、現代の人類はアポロ時代とは違った謎を追い、違った目的で月の開発を始めようとしています。月探査計画「かぐや」のメンバーであり、現在も日本の次期月探査計画にかかわっている講演者が、月科学の最新の話題と、月探査・開発の今後の世界の動向について語ります。宇宙に関するニュースの深読みも、できるようになりますよ。

開催日時:平成29年2月22日(水曜日) 19時20時30分 定員:先着30名

 


 

『有権者の投票行動から大阪の地方自治を考える』

近年、大阪の地方自治が広く社会の関心を集めています。
大阪市長となった橋下徹氏の言動が、連日マス・メディアを賑わしたことや、
大阪都構想をめぐる住民投票が、僅差で否決されたことなども、記憶に新しいことだと思います。
それでは、橋下陣営や大阪都構想を支持していた有権者とは、どのような人たちなのでしょうか。この講座では、大阪市民を対象として行われた社会調査データの分析結果にもとづいて、有権者の投票行動から、大阪の地方自治について改めて考えてみたいと思います。

開催日時:平成29年3月1日(水曜日) 18時30分20時 定員:先着30名

 

 

 

『歴史・文化と坂のまち「上町台地」の景観とまちづくり』

大阪には上町台地という標高20m弱の大都市の小さな丘があります。上町台地特有の坂や階段、真田丸に代表される歴史の舞台、江戸時代の「浪花百景」に描かれた物見遊山の場、そして暮らしの場としての景観の今を都市計画的視点から読み解きます。さらに、地域独自のまちづくりや、長屋再生などの新たな動きも紹介するとともに、上町台地やそこでの活動の魅力を発信する「オープン台地」の取り組みを紹介します。

開催日時:平成29年3月8日(水曜日) 18時30分20時 定員:先着30名

 

どの講座も、事前に申し込んでいただければ、どなたでもご自由に参加いただくことができ、無料の講座となっております。定員に限りがありますのでお早めにお申し込みください。(定員に余裕のある場合は、当日会場での直接申込みも受付けさせていただきます。)

開催場所:淀屋橋odona内2階アイ・スポット

申込方法:電話、FAX又はメールにて、下記連絡先(アイ・スポット)まで参加希望の講座名、受講者ご本人のお名前、年齢、連絡先(電話番号)をご連絡ください。なお、お預かりした個人情報については、講座に関する連絡以外では使用いたしません。また、講座終了後、速やかに適正に処分いたします。

電話・FAX番号:06-4866-6803(電話でのお申込みは開館時間のみ受付します。)

E‐mail:i-spot@voice.ocn.ne.jp

 

アイ・スポット講座

『近くて遠い まちなか水辺』

「汚い・臭い・危ない(3K)」といったイメージを持たれている都市河川ですが、実は、世界各地で活躍するウォーターマンも「ホントここ面白いね!」と賞賛する遊び場。そんなフィールドが私たちの住むすぐ近くに存在することを、我々の日々の活動「水上さんぽ®」を通じて、お伝えできればと思います。

開催日時:平成29年131日(火曜日)18時19時30分 

定員:先着30名

講師:日本シティサップ協会 奥谷 崇

 

『豊臣秀吉の大坂築城と城下町大坂の建設』

天下統一に邁進していた織田信長が本能寺の変で非業の死を遂げると、羽柴(のち豊臣)秀吉は山崎合戦で明智光秀を討って主君信長の仇を報じ、賤ヶ岳合戦でライバル柴田勝家を倒して信長後継者の座を不動のものとしました。秀吉は天下統一の拠点として大坂城を築き、その城下町として大坂の町を建設しますが、それはどのような構想をもとに行われたのでしょうか。考えてみたいと思います。

開催日時:平成29年2月1日(水曜日) 18時~19時30分 

定員:先着30名

講師:大阪城天守閣 館長 北川 央

 

どの講座も、事前に申し込んでいただければ、どなたでもご自由に参加いただくことができ、無料の講座となっております。定員に限りがありますのでお早めにお申し込みください。(定員に余裕のある場合は、当日会場での直接申込みも受付けさせていただきます。)

開催場所:淀屋橋odona内2階アイ・スポット

申込方法:電話、FAX又はメールにて、下記連絡先(アイ・スポット)まで参加希望の講座名、受講者ご本人のお名前、年齢、連絡先(電話番号)をご連絡ください。なお、お預かりした個人情報については、講座に関する連絡以外では使用いたしません。また、講座終了後、速やかに適正に処分いたします。

電話・FAX番号:06-4866-6803(電話でのお申込みは開館時間のみ受付します。)

E‐mail:i-spot@voice.ocn.ne.jp

 

 

利用案内

開館時間 月曜日から金曜日 午前11時から午後9時

       土曜日、日曜日及び祝日 午後1時から午後5時

休館日  年末年始(12月29日から翌年1月3日)

アクセスマップ

地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅10番出口直結

京阪本線「淀屋橋」駅徒歩1分

淀屋橋odona2階

大阪市中央区今橋4-1-1

電話:06-4866-6803

E‐mail:i-spot@voice.ocn.ne.jp

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 都市計画局開発調整部開発計画課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所7階)

電話:06-6208-7824

ファックス:06-6231-3752

メール送信フォーム