ページの先頭です

成長戦略拠点特区の「夢洲・咲洲地区」

2012年4月25日

ページ番号:85264

トピックス

将来の大阪の発展に向けた成長戦略拠点特区に位置づけられた「夢洲・咲洲地区」

大阪駅周辺地区と夢洲・咲洲地区の位置図
別ウィンドウで開く

 大阪市では、世界有数の大都市圏を形成する関西の中心に位置し、人・もの・情報が集積する「知の集積」である「大阪駅周辺地区」と、大阪湾ベイエリアの中心に位置し、次世代産業分野を実践する「知の実践」である「夢洲・咲洲地区」を成長戦略拠点特区として位置づけています。

◆大阪駅周辺地区
  「知の集積」からビジネス創造が展開される成長戦略拠点の形成。

◆夢洲・咲洲地区
  夢洲・咲洲地区は大阪駅周辺地区と両輪となる成長戦略拠点として、今後とも重点投資。
  次世代成長産業の実践エリア、「知の実践」として展開。

2つの成長戦略拠点特区による相乗効果

 大阪・関西には、環境やエネルギー、ロボット等、次世代の成長産業に関係する、部品や装置のメーカー、生産・研究拠点等が多く集積しており、他都市と比べて高い優位性を誇っています。

  「大阪駅周辺地区」と「夢洲・咲洲地区」の両地区を成長戦略拠点特区として位置づけることにより、研究開発から生産までの一貫したイノベーションインフラを提供し、成長産業のさらなる集積と新産業の創出を促進し、関西都市圏全域への民間投資誘因や雇用拡大を図っていきます。

2つの成長戦略拠点特区のコンセプト図
別ウィンドウで開く

夢洲・咲洲地区のまちづくりの方向性

夢洲・咲洲地区は、次世代産業等の集積を図るグリーン・テクノロジー・アイランドとして、「環境先進都市・大阪」のモデルとなるような拠点形成をめざし、環境・エネルギー分野等の産業立地に向けて、大阪府・経済団体と協力のうえ環境整備・調整を図りながら、実証的な取組の推進をはじめとして、立地セミナー、展示会、ビジネスツアーの実施等、企業誘致に取組み、地区全体の活性化を図っていく。

環境・エネルギー分野の取り組み

夢洲地区でのメガソーラーの設置

 大阪市では、民間事業者と協働して、夢洲1区の一般廃棄物埋立処分場に大規模太陽光発電(メガソーラー)を設置する事業を進めています。

EVリユース蓄電池の実証事業の実施

EVの普及拡大と再生可能エネルギーの導入促進に貢献が期待される世界で初めての大型EVリユース蓄電池システムの技術開発に関する実証事業別ウィンドウで開くを夢洲1区にて開始しています。

世界最大級の大型蓄電池評価施設の立地

経済産業省所管の独立行政法人である「製品評価技術基盤機構(NITE)」にて、世界最大級となる大型蓄電池システム等の性能に関する試験評価施設が咲洲コスモスクエア地区に整備されることになりました。

参考

まちづくりの情報

夢洲地区の現状

 夢洲地区では、先行開発地区の約40haを産業・物流ゾーンとして整備し、平成24年度より順次進出事業者を募集しています。

夢洲地区の開発状況図
別ウィンドウで開く

開発に関する情報

咲洲地区の現状

 咲洲地区では、国際交流・交易機能や高度研究機能、先端技術開発機能・研修機能の強化とともに、居住機能をはじめとする生活利便機能の充実により、魅力ある複合市街地の形成をめざしたまちづくりを進めてきました。

 今後は、ものづくり企業のアジア交易・交流の拡大に資するビジネス交流拠点の形成をめざすとともに、まちの魅力の向上に資するにぎわい創出と安全・安心の環境整備を進めます。

 2015年4月現在、咲洲コスモスクエア地区には、40施設が立地し土地利用率は約79%となっています。これにより、地区内の従業人口約14,000人、常住人口約3,700人、学生数約1200人となっています。

 <開発状況>

咲洲コスモスクエア地区の開発状況図
別ウィンドウで開く
コスモスクエア駅前の開発状況写真
別ウィンドウで開く

 平成22年7月に、コスモスクエア駅前からコスモ中央線(東西の幹線道路)横断部まで、延長約350メートルのペデストリアンデッキの供用を開始しました。これにより、咲洲地区の利便性が向上しています。

開発に関する情報

夢洲・咲洲地区に関する情報

都心に近接する夢洲・咲洲地区へのアクセス

 夢洲・咲洲地区は、交通ネットワークが充実した大阪湾岸部の中心に位置し、空・海・陸から多彩なアプローチができる利便性の高い立地にあります。

 都心から咲洲地区へのアクセスは、本町から地下鉄・車で15分という近さです。また、関西国際空港から車で約40分です。

 夢洲地区へは、咲洲から夢咲トンネル(無料)を利用すれば車で5分です。また、高速道路へも直結しています。

鉄道アクセスと高速道路アクセス図
別ウィンドウで開く

§ 咲洲地区へは

  <地下鉄中央線利用で>
     本町から……………約15分
     梅田から……………約20分
     新大阪から…………約30分

  コスモスクエア〔咲洲地区〕~(中央線15分)~本町~(御堂筋線4分)~梅田~(御堂筋線7分)~新大阪

  <阪神高速湾岸線 南港南出口利用で>
     関西国際空港から…約40分

§ 夢洲地区へは

  <阪神高速大阪港線・湾岸線 北港西出口利用で>
      梅田から……………約20分
      新大阪から…………約25分
      関西国際空港から…約50分

  <夢咲トンネル利用で>
      咲洲から……………約5分

夢洲・咲洲地区への企業進出に関するご取り組み

夢洲・咲洲地区への企業等を誘致し、同地区のまちづくりの推進に寄与することを目的に構成された夢洲・咲洲地区企業等誘致協働チーム(構成:大阪府、大阪市、公益社団法人関西経済連合会、大阪商工会議所、社団法人関西経済同友会)は、夢洲(ゆめしま)・咲洲(さきしま)地区への企業立地促進を目的に、様々な取組を実施しています。

企業誘致等に向けた取り組み情報

関連リンク

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

都市計画局 開発調整部 開発計画課
電話: 06-6615-6118 ファックス: 06-6615-6151
住所: 〒559-0034 大阪市住之江区南港北1丁目14番16号(大阪府咲洲庁舎31階)

メール送信フォーム