ページの先頭です

外壁等の落下防止対策のお願い

2016年7月25日

ページ番号:225370

建築物の所有者等のみなさまへ

外壁等の落下防止対策のお願い

 平成29年3月15日大阪市内において共同住宅バルコニーの外壁タイルの一部(縦80cm横90cm)が落下しました。幸い通行人等への被害はありませんでしたが、外壁等の落下は人身事故につながるなど極めて危険性の高い事故であると考えています。

 この事故以外にも外壁等の落下事故は相次いでおり、平成28年7月に大阪市内において外壁タイルの一部が落下し、通行人に被害を及ぼした重大な事故が発生しました。また、平成27年2月には札幌市内において、ビル壁面に設置されている看板が落下して、同様に通行人に被害を及ぼす重大な事故が発生しました。

(大阪市内における過去の主な外壁落下事故)

 平成25年6月15日  3階建てビルにおいて、3階部分の外壁モルタル(垂壁)の一部が落下し、通行人に被害を及ぼした。

 平成26年11月30日  6階建て共同住宅の屋上パラペット部分の外壁タイルの一部が落下した。

 平成27年5月28日  6階建てビルの外壁モルタルの一部が落下し、隣地に被害を及ぼした。

 平成28年7月7日   9階建てビルで外壁タイルの一部が落下し、通行人に被害を及ぼした。

 平成29年3月15日  10階建て共同住宅のバルコニーの外壁タイルの一部が落下した。

 

 未然に事故を防止するためにも、建築物の所有者、管理者又は占有者は、法令の定めによりその建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するよう努めなければなりません。

 建築物の所有者等のみなさまにおかれましては、外壁や屋外看板等の落下事故を未然に防ぐため、外壁については、ひび割れ、浮き、タイルのはがれ等の劣化・損傷が、屋外看板については広告本体や支持部材に劣化・損傷(著しい錆や腐食)がないか点検し、劣化・損傷があれば早めに補修を行うなど、適正に建築物等を維持管理していただきますようお願いいたします。

 なお、一定規模以上の不特定多数の人が利用する特殊建築物等の所有者等は、法令の定めにより建築物の敷地、構造、建築設備について定期に有資格者にその状況を調査させて、その結果を特定行政庁に報告(定期報告制度)しなければなりません。

  定期報告制度はこちら
   http://www.city.osaka.lg.jp/toshikeikaku/page/0000361630.html

建築物の外壁等は安全ですか?建築物の点検を!

 建築物の適切な維持保全が促進されることを啓発していくためにリーフレットを作成しました。
 なお、このリーフレットは大阪府下での啓発に使用するため、大阪府内建築行政連絡協議会(※)で作成しております。
  大阪市内では区役所、区役所出張所、大阪市サービスカウンター、市民情報プラザ及び大阪市立住まい情報センター等に設置しています。

  ※ 大阪府内建築行政連絡協議会はこちら
   http://www.cac-osaka.jp/about/about.html別ウィンドウで開く

「建築物の外壁等は安全ですか?建築物の点検を!」リーフレット
別ウィンドウで開く

リーフレット

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

都市計画局 建築指導部 監察課
電話: 06-6208-9311 ファックス: 06-6202-6960
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所3階)

メール送信フォーム