ページの先頭です
メニューの終端です。

大阪市民間老朽住宅建替支援事業(タテカエ・サポーティング21)

[2016年4月1日]

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タテカエサポーティング21

 老朽住宅の建替や除却を促進するため、大阪市立住まい情報センター4階 住情報プラザ内に受付窓口を設置し、建替相談や補助等の総合的な支援を行っています。

 

  1. 建替相談サービス

  2. 専門家(ハウジングアドバイザー)派遣

  3. 建替建設費補助制度 

  4. 従前居住者家賃補助制度

  5. 賃貸住宅建設資金融資制度

  6. 狭あい道路沿道老朽住宅除却促進制度 

 アクションエリア(防災性向上重点地区)や特に優先的な取り組みが必要な密集住宅市街地(優先地区)では、補助要件の緩和及び補助対象項目の追加を行い、老朽住宅の重点的な建替の促進を図っています。

※さらに、平成26年6月1日より重点整備エリアを設定し、補助要件の緩和をおこなっています。

  詳しくは、「密集住宅市街地重点整備事業」をご確認ください。

 

タテカエサポーティング21における補助金の申請・届出に添付いただく住民票にはマイナンバー(個人番号)の記載は必要ありません

マイナンバー(個人番号)は、社会保障、税、災害対策分野の中で、法律や条例で定められた行政手続に限定して、市民の皆様から国、地方公共団体、勤務先、年金・医療保険者などに提示していただくものです。

タテカエサポーティング21における補助金の申請・届出は、マイナンバー(個人番号)を利用できない行政手続ですので、申請書等に添付していただく住民票は、マイナンバー(個人番号)の記載がないものをご用意ください。

マイナンバーとは

マイナンバー(個人番号)は、住民票を有する全ての方に1人ひとつ配付される12桁の番号です。この番号を利用して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認しやすくするために導入されるものです。

詳しくは、「マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)を紹介します」をご覧ください。

 受付窓口

 大阪市都市整備局 耐震・密集市街地整備 受付窓口

     (業務受託者)大阪市住宅供給公社

  大阪市立住まい情報センター4階 住情報プラザ内 

  電話番号 06-6882-7053


※地下鉄谷町線、堺筋線または阪急千里線「天神橋筋六丁目」駅3番出口

タテカエ・サポーティング21(平成28年度版パンフレット)

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページについてご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか

  • このページの内容は分かりやすかったですか

  • このページは見つけやすかったですか

このページの作成者・問合せ先

大阪市都市整備局企画部住環境整備課密集市街地整備グループ

住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所6階)

電話: 06-6208-9233 ファックス: 06-6202-7064

メール送信フォーム

[ページの先頭へ戻る]