ページの先頭です
メニューの終端です。

大阪市HOPE(ほーぷ)ゾーン事業

[2014年4月1日]

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪市HOPEゾーン事業

HOPE(ほーぷ)ゾーン事業は、歴史的・文化的な雰囲気やまちなみなどに恵まれた地域を、本市の居住地イメージを高めるモデルゾーン(HOPEゾーン)として位置付け、市民のみなさんと連携・協働して、様々なまちづくり活動を展開しながら、それぞれのまちの特性を活かしたまちなみづくりを進め、魅力ある居住地づくりをめざす事業です。



※ HOPEゾーン事業の「HOPE」は、「Housing with Proper Environment」の略で、「地域固有の環境を活かした居住地づくり」を表しています。また、「HOPE」という言葉本来の「希望」という意味も込められています。

事業の流れ


伝統的な町家やお屋敷、昔ながらの長屋や蔵、モダンな近代建築など、大阪市内にはたくさんの魅力的な建物が存在しています。

HOPEゾーン事業では、そうした建物をそれぞれのまちの魅力向上につながる、貴重な‘まちなみ資源’としてとらえています。

資源の現況や地域のまちづくりの状況等などから地区を選定し、地域のみなさんと一緒に、地元協議会の設立やまちなみ・まちづくりに関する基本的な方針の策定に向けた検討・調査を進め、地域と連携・協働で事業を進めていきます。

 

 

具体的な取組

具体的な取組として、地元協議会と連携・協働で、

  ・ 建物等の修景による、魅力あるまちなみづくりの推進~まちなみ修景補助制度~

  ・ 地域のまちなみ・まちづくり活動の活性化~補助金交付制度~

を進めています。

 

 

 

事業実施地区

現在、次の6地区で、それぞれの‘まちなみづくりのテーマ’に沿って、事業を展開しています。 

    船場地区(中央区)・・・・・・・・・・「近世・近代の佇まいが光る 花(はん)なりしたまちなみづくり」

    天満地区(北区)・・・・・・・・・・・・「天神さんから大川浜へ ‘もてなし’のまちなみづくり」

    田辺地区(東住吉区)・・・・・・・「街道と歴史が織りなすにんやか田邊郷(たなべごう)」

   ※平野郷地区(平野区)・・・・・・・・・「祭りちょうちんの似合うまちなみ」

   ※空堀地区(中央区)・・・・・・・・・・「お地蔵さんが見守る つながりを生かすまちなみ」

      ※住吉大社周辺地区(住吉区)・・・「住吉の歴史と人が育む 四季に映えるまちなみ」

             ※補助事業(まちなみ修景補助制度・補助金交付制度)は終了しています。


別ウィンドウで開く


 

まちなみガイドライン

上記6地区(船場、天満、田辺、平野郷、空堀、住吉大社周辺)において、地区の歴史と文化を感じられるまちなみの良いところを受け継ぎ、魅力ある住宅地を形成することをめざし、協議会(※)と協力して「まちなみガイドライン」を策定しています。

ガイドラインには、まちなみづくりのテーマ、基本方針、修景のポイントといった、魅力あるまちなみづくりの実現に向けた具体的な方策が取りまとめられています。    

歴史的・文化的雰囲気を備えたまちなみの魅力を将来に引き継ぐため、建物や塀などの改修や新築の際に「まちなみガイドライン」をご覧ください。

※協議会:大阪市と連携・協働してHOPEゾーン事業の推進のために必要な事業・活動を行う地元組織

 (平野郷地区・空堀地区の協議会は平成25年で解散、住吉大社周辺地区の協議会は平成27年度で解散)

~下の画像をクリックすると、各地区のガイドラインの詳細がご覧になれます~


〔船場地区〕
方針
【基本編】
■近代建築のストックを活かす
■通・筋のエリア(界隈)の個性を活かす
■まちの「すきま」を使いこなす
■まちを「愉しむ」
※具体的な方針として、基本編のほかに建物編、三休橋筋編、道修町編のガイドラインもあります。


〔天満地区〕
方針
【つなげる】と【よそおう】
■天満らしい昔ながらの建物を受け継ぐ
■新しい建物等は昔ながらの建物とのつながりを大切にする。
■通りのしつらいを整える
■祭りの日にはまちなみも装う


〔田辺地区〕
方針
■昔ながらの建物は、建築当初のデザインに修景し、次世代に継承しましょう
■屋敷や長屋などの塀や門、軒庇、植栽で、まちなみの連続性を作りましょう
■新しい建物は、伝統的な建物に調和するデザインとし、まちなみになじむように工夫しましょう


〔平野郷地区〕
方針
■いままでの建物を大切にして磨きをかける
■これから立てる建物は周囲のまちなみになじませる
■祭りちょうちんが生えるように工夫する
■平野の財産である、昔からの場所や景観を残し活かすように努める


〔空堀地区〕
方針
■昔ながらの建物は、特色を活かしながら今の生活に合わせて大事に使い、次世代に引き継ぐ
■新しい建物は昔ながらの建物のよさを取り入れて、まちなみとのつながりを大切にする
■先人から受け継がれた路地の雰囲気やお地蔵さんなどまちに残る文化を大切にする


〔住吉大社周辺地区〕
方針
■伝統的様式の建物は、化粧直しして大切に使いましょう
■新築や増築するときは、まちなみとの調和を工夫しましょう
■古木を大切にし、植栽でまちなみを引き立てましょう
■まちに残る歴史・文化の資源を活用しましょう

HOPEゾーン事業 要綱一覧

要綱一覧

Adobe Readerの入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

HOPEゾーン事業・マイルドHOPEゾーン事業 要綱等一覧

このページについてご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか

  • このページの内容は分かりやすかったですか

  • このページは見つけやすかったですか

このページの作成者・問合せ先

都市整備局(本庁6階)
企画部 住宅政策課 まちづくり事業企画グループ(企画、船場地区)
 電話: 06-6208-9211 メール: ka0001@city.osaka.lg.jp
企画部 住環境整備課 HOPEゾーン事業グループ(船場以外の地区)
 電話:06-6208-9621 メール: ka0039@city.osaka.lg.jp
 ファックス: 06-6202-7064 

[ページの先頭へ戻る]