ページの先頭です

都市魅力戦略に基づく歴史的建築物の再生・活用の促進

2017年8月21日

ページ番号:172405

概要(説明)

都市魅力戦略(※)に基づき、世界的な創造都市に向けた「生きた建築ミュージアム」の実現をめざし、歴史的建築物の再生・活用を促進する事業として、「生きた建築ミュージアム事業」を新たに構築し、平成25年度より運用しています。

「生きた建築ミュージアム事業」は、大阪のまちを1つの大きなミュージアムと捉え、そこに存在する建築物等を通して大阪の新しい魅力を創造・発信することを目的とした取組です。

・事業の詳細や最新情報については、「生きた建築ミュージアム事業」をご覧ください。

(※)都市魅力戦略 :大阪府市都市魅力戦略会議報告書「世界的な創造都市に向けて~グレート リセット~」 (第14回大阪府市統合本部会議(平成24年6月19日開催)資料)

発端(きっかけ)は何?

 市長の指示

(歴史的建築物の改修を支援する制度について、大阪の魅力創出の視点で行政的に詰めるよう指示があったもの。)

寄せられたご意見

特にありません

今後の予定は?

本市・民間企業・大学等による「生きた建築ミュージアム大阪実行委員会」の主催で、平成29年10月28日、29日をメインイベント期間として生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2017を開催。

どこまで進んでいるのか?

これまでの経過

(平成24年6月 「府市都市魅力戦略会議報告書」作成) 

(平成24年8月 「大阪都市魅力創造戦略」(素案)策定)

・平成24年8月 都市魅力戦略に基づく歴史的建築物の再生・活用の促進に向けた検討調査を開始

(平成24年12月 「大阪都市魅力創造戦略」策定)

・平成25年4月 「大阪市生きた建築ミュージアム事業基本要綱」を策定し、生きた建築ミュージアム事業を開始

・平成25年5月 「大阪市生きた建築ミュージアム推進有識者会議」を設置

・平成25年10月 「生きた建築ミュージアム・大阪セレクション」を28件選定

・平成25年11月 「生きた建築ミュージアム2013~大阪セレクション×実証実験~」を実施

・平成26年8月 「生きた建築ミュージアム・大阪セレクション(平成26年度分)」を22件選定

・平成26年11月 「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2014」を開催

・平成27年10・11月 「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2015」を開催

・平成28年7月 「生きた建築ミュージアム大阪実行委員会」発足

・平成28年11月 「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2016」を生きた建築ミュージアム大阪実行委員会の主催により開催

会議の実施状況

大阪市生きた建築ミュージアム推進有識者会議[平成25年度~]

会議の実施状況については「大阪市生きた建築ミュージアム推進有識者会議」をご覧ください。

都市魅力戦略に関する会議[~平成24年度]

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 都市整備局企画部住宅政策課まちづくり事業企画グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所6階)

電話:06-6208-9211

ファックス:06-6202-7064

メール送信フォーム