ページの先頭です

北区菅原町に歴史顕彰板が完成しました!!

2015年1月26日

ページ番号:295402

北区菅原町に歴史顕彰板が完成しました!!

天満地区HOPEゾーン協議会では、天神さんから大川浜へ「もてなし」のまちなみづくりをテーマに、天満の歴史や文化など地域の特性を活かした、魅力ある居住地づくりに大阪市と連携して取り組んでいます。

かつて天満青物市場としてにぎわった水辺近くには、乾物問屋街であった菅原町を中心に、伝統的な建物や川に面して建てられた「浜蔵」などが今なお多く残っています。

このたび北区菅原町に、「蔵のまち天満・菅原町」歴史顕彰板が設置されました。
かつて「太平橋」が架かっていたところ、大川沿い遊歩道の西の方です。(北区菅原町

天満青物市場の歴史、菅原町の建物の特徴、今も「現役」の土蔵などを紹介しています。

ぜひ現地で覧いただき、昔の面影をたどりながら大阪・天満の歴史あるまちなみをお楽しみください。

現地写真


手前の塀に顕彰板、奥には現在も倉庫として活用されている蔵(浜蔵)が見えます。


探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 都市整備局企画部住環境整備課HOPEゾーン事業グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所6階)

電話:06-6208-9631

ファックス:06-6202-7064

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示