ページの先頭です

市営住宅の住戸を活用した「コミュニティビジネス等導入プロポーザル」による活動団体が決定しました

2018年5月11日

ページ番号:297958

 大阪市は、高齢化の進展などの課題に対応するため、高齢者の生活支援や子育てサービスの提供など、団地や地域の活性化につながる活動を行うNPO等の団体に市営住宅の1階住戸を提供する「コミュニティビジネス等導入プロポーザル」を実施しています。

 今回は、平成26年度の新規募集として3団地、住戸使用許可期限の4年を迎える住戸の再公募として3団地の、あわせて6団地を対象に活動団体を募集し、応募のあった5団体について、応募書類や公開プレゼンテーション、評価委員による評価と意見をもとに、総合的な観点で審査を行った結果、次のとおり活動団体を選定しました。

対象団地と選定団体(活動内容は添付ファイル参照)
 対象団地 団体名 備考

 東加賀屋住宅
(住之江区)

 NPO法人
すみのえ育
 新規
(平成27年4月以降活動開始予定)
 鶴見住宅
(鶴見区)
 特定非営利活動法人
ゆうかり
  継続
 南港中住宅(花)
(住之江区)
 株式会社
とき
 継続
 喜連北池住宅
(平野区)
  特定非営利活動法人
えがおの樹
 継続

審査の方法と選定理由

審査の方法

 応募書類や公開プレゼンテーション、評価委員による評価と意見をもとに、次の審査基準にもとづき審査しました。

(審査基準)

・活動内容(地域コミュニティの活性化に寄与するか、活動の対象者が周辺地域を含む不特定多数のものとなっているか)

・活動の実現性・継続性(活動の収支計画、活動を行う運営体制、地域と共生できるか)

選定理由

(NPO法人 すみのえ育)
・  これまでも住之江区内でまちおこしに取り組んできており、新たに活動拠点を得ることで、放課後児童の預かりや地域の方々を対象にした各種講座・イベントの開催により、地域住民のネットワークづくり、地域に密着した活動の展開を図るものであり、活動を通してコミュニティの活性化に寄与することが期待できる。

(特定非営利活動法人 ゆうかり)
・ これまで実施してきた高齢者・障がい者への生活サポートに加え、新たな交流の場として団地外で設置・運営するサロンとの連動を図ることにより、サロンを情報交換の場とし、団地内での活動につなげようとするものであり、活動を通してコミュニティの活性化に寄与することが期待できる。

(株式会社 とき)
・ これまでの活動実績もあり、住宅のメリットを活かした障がい児の療育を実践している。また、利用者の生活エリアに密着した療育を行うことにより、地域の障がい児を地域住民が支える環境づくりをサポートするなど、活動を通してコミュニティの活性化に寄与することが期待できる。

(特定非営利活動法人 えがおの樹)
・ これまでの活動実績もあり、訪問介護・居宅介護事業や生活全般の相談対応を行うなど、地域における高齢者の生活をサポートしている。また、高齢者をはじめ地域住民の自助・共助によるコミュニティサロンを運営し、地域の見守りにもつなげており、活動を通してコミュニティの活性化に寄与することが期待できる。

募集・応募の状況

 募集要項の配布:平成26年11月11日(火曜日)~12月26日(金曜日)

 応募受付期間:平成26年12月19日(金曜日)~12月26日(金曜日)

 募集団地:6団地

 応募総数:5団体

民間活力導入プロジェクト事業提案評価会議委員

民間活力導入プロジェクト事業提案評価会議委員
役職名氏名職業
会長久  隆浩近畿大学総合社会学部教授
委員弘本 由香里大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所特任研究員
委員木多 道宏大阪大学大学院工学研究科教授
委員野田 賢太郎弁護士
委員難波 里美不動産鑑定士
委員水谷 綾大阪ボランティア協会事務局長

団体の活動提案内容等

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 都市整備局住宅部建設課団地再生グループ

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所1階)

電話:06-6208-8421

ファックス:06-6202-7063

メール送信フォーム