ページの先頭です
メニューの終端です。

公表!LGBTアンケート調査報告

2015年12月18日

ページ番号:335725

 淀川区役所では、平成27年度LGBT支援事業の取り組みの1つとして、LGBTに関するアンケート調査を行いました。平成27年9月19日(土)に開催した淀川区民まつりの会場にて調査を行い、来場者152人から回答をいただきました。淀川区民は回答者の約8割にあたる125人でした。詳細につきましては以下記載のとおりですが、特筆すべきは、LGBTや性的少数者等の言葉を聞いたことがある人はおよそ6割であったことや、LGBTが人口の1%だと思っている人が5割という結果です。実際は約5~7%だといわれています。 この調査結果および分析を踏まえ、これまでの取組みを振り返るとともに、今後のLGBT支援事業に反映させていきます。


アンケート調査概要

  • 実施日:平成27年9月19日(土)
  • 場所:淀川区民まつり会場
  • 時間:11時30分から15時
  • 回収方法:淀川区民まつり来場者に対してに声をかけ、個別にアンケート調査を依頼。iPadを利用し、調査員が設問を読み上げ、回答をもう一人の調査員が入力。
  • 最終回答者数:152人(ただし、無回答のある設問あり)

アンケート調査項目

LGBTアンケート調査結果

1.年代

  • 10代     7.9%
  • 20代     5.9%
  • 30代     21.7%
  • 40代     27.0%
  • 50代     9.9%
  • 60代     14.5%
  • 70代     10.5%
  • 80代以上  2.6%

回答者 152人

30代、40代で約5割の回答者となりました。

2.淀川区民ですか?

  • はい    82.2%
  • いいえ  17.8%

回答者 152人

8割以上は淀川区民から回答を得られました。

3.以下の言葉を聞いたことがありますか? 複数回答可

  • 性的少数者  はい 46.7%  いいえ 53.3%
  • 性的マイノリティ  はい 44.1%  いいえ 55.9%
  • セクシュアルマイノリティ  はい 38.8%  いいえ 61.2%
  • LGBT  はい 38.2%  いいえ 61.8%
  • いずれも聞いたことがない  はい 36.8%  いいえ 63.2%

回答者 152人

いずれも聞いたことがない人は36.8%でした。よって、性的少数者等4つの言葉のうち1つでも聞いたことがある人は6割以上であることが分かりました。

4.どこで聞きましたか? 複数回答可

  • 淀川区役所の広報誌  20.8%
  • 淀川区役所のホームページ  4.2%
  • 淀川区役所のツイッター、フェイスブック  4.2%
  • テレビ  58.3%
  • インターネット  31.3%
  • 新聞  21.9%
  • 雑誌  11.5%
  • その他  25.0%

回答者 96人(3.「いずれもきいたことはない」を除く回答者)

テレビでLGBTなどの言葉を知った人が約6割でした。区の広報誌では約2割でした。学校、区役所といった答えた人もいました。

5.意味はわかりますか?

  • わかる    71.9%
  • わからない  28.1%

回答者 96人(3.「いずれもきいたことはない」を除く回答者)

「意味はわかる」と答えた人は約7割でした。

6.LGBTは人口の何パーセントだと思いますか?

  • 0.1%(1,000人に1人)   28.7%
  • 1%(100人に1人)    50.0%
  • 5%(20人に1人)      21.3%

回答者 150人

回答者の5割がLGBTは1%程度だと思っていることが分かりました。

7.淀川区役所が全国行政機関初のLGBT支援宣言をしたことを知っていますか?

  • はい      36.9%
  • いいえ  63.1%

回答者 149人

回答者の6割以上が淀川区のLGBT支援宣言を知らないことが分かりました。

淀川区がLGBT支援宣言を行ったことをはじめ、LGBT支援事業の取組みについての効果的な情報発信を検討する必要があります。

8.淀川区役所がLGBTや周囲の人たちのための電話相談やお茶会、講演会などを行っていることを知っていますか?

  • はい    17.3%
  • いいえ  82.7%

回答者 150人

回答者の約8割がLGBT支援事業について知らないことが分かりました。

淀川区がLGBT支援宣言を行ったことをはじめ、LGBT支援事業の取組みについての効果的な情報発信を検討する必要があります。

9.LGBTなどの性的マイノリティを支援する区役所の取り組みをどう思いますか?

  • とてもよい    25.3%
  • よい       53.3%
  • わからない  20.7%
  • よくない      0.0%
  • とてもよくない 0.7%

回答者 150人

回答者の約8割が淀川区の取り組みに肯定的であることが分かりました。

今後もLGBT支援事業の取組みの見える化を行います。

10.あなたが(情報収集で)よく使うものはどれですか? 複数回答可

  • テレビ  74.0%
  • 新聞   37.3%
  • インターネットウェブサイト  65.3%
  • メールマガジン  10.0%
  • ツイッター、フェイスブックなどSNS  22.7%
  • 区の広報誌  34.0%
  • 区のホームページ  4.0%
  • 区のツイッター、フェイスブック  2.7%

回答者 150人

テレビ、インターネット、区の広報誌を通じての発信が効果的であることが分かりました。

淀川区LGBT支援事業 アンケート調査報告

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市淀川区役所 市民協働課

〒532-8501 大阪市淀川区十三東2丁目3番3号(淀川区役所4階)

電話:06-6308-9734

ファックス:06-6885-0535

メール送信フォーム