ページの先頭です
メニューの終端です。

淀川区役所×大阪市立大学「淀川すいみん白書2017」を作成しました!~合言葉は「ヨドネル」~

2017年12月20日

ページ番号:419977

淀川すいみん白書2017

夢さん

「そもそも、なんで睡眠が大事なの?」
 淀川区は、そんな疑問にお答えすべく、大阪市立大学と連携して2回に渡るヨドネル6000人調査を実施しました。そうして分かった、淀川区の子どもの睡眠の実態。
 その結果を「淀川すいみん白書2017」にまとめましたので、ぜひ、ご家庭や学校で「すいみん」について考えるきっかけにしてください。

◀ナビゲーター役:がんこおやじ 夢さん

淀川すいみん白書2017

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

ヨドネル6000人調査とは

■調査目的
睡眠習慣をはじめ、学習意欲から疲労の状況に至るまで、生活習慣を詳細に調査することで、どのような生活の因子が睡眠習慣に影響を与え、また睡眠習慣が生活にどのような影響を与えるのかを解明する。

■調査対象:淀川区内の市立小中学校に通う小学校4年生から中学校2年生までの児童生徒

■監修:水野 敬(大阪市立大学 特任准教授/理研 チームリーダー)

ヨドネル6000人調査 結果報告会のようす

 すいみん白書で示される内容は、平成29年11月20日に開催した結果報告会でも報告しました。
解説する水野氏

 調査分析を担当した水野氏が直接、結果を紹介。睡眠と疲労、疲労と注意制御力、成長期の疲労と脳の発達の関係などが次々に示されました。

オープニング映像
別ウィンドウで開く

 こちらのオープニング映像で開会。
 すいみん白書の表紙につながる、がんこおやじ夢さん渾身の開会宣言。
(←画像をクリックでyoutubeにリンクします)

CM映像
別ウィンドウで開く

 休憩中にはCMを挟み、さりげなく万博誘致をアピールし、
(←画像クリックでyoutubeにリンクします)

エンディング映像
別ウィンドウで開く

 エンディングでは、心をひとつに、淀川よく寝る宣言。
(←画像をクリックでyoutubeにリンクします)

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市淀川区役所 市民協働課

〒532-8501 大阪市淀川区十三東2丁目3番3号(淀川区役所4階)

電話:06-6308-9734

ファックス:06-6885-0535

メール送信フォーム