ページの先頭です

ふるさと寄附金について(都道府県・市区町村に対する寄附金)

2017年2月16日

ページ番号:384052

ふるさと寄附金制度とは、「生まれ育ったふるさとや地域を大切にしたい」「ふるさとに貢献・応援したい」などという気持ちを形にするため、生まれ育った場所をはじめ、応援や貢献したいと想う都道府県・市区町村に対して寄附することにより、その年分の所得税および翌年度分の個人市・府民税から、支払った寄附金額に応じて一定額を控除する制度です。

各年1月1日から12月31日までに支払った都道府県・市区町村に対する寄附金のうち、2千円を超える部分が控除の対象となります。(控除額には上限があります。)
なお、出身地や過去の居住地に限らず、いずれの都道府県、市区町村に対する寄附金でも対象になります。

大阪市ではふるさと寄附金を募集しています

大阪市ではさまざまなメニューをご用意して、ふるさと寄附金を募集しています。
大阪市にお住まいの方をはじめ、大阪市を応援くださる全国の“大阪サポーター”のみなさまの想いを、元気な大阪づくりに役立てますので、ご協力をお願いいたします。

ふるさと寄附金の税制上の優遇について

大阪府共同募金会・日本赤十字社大阪府支部に対する寄附金や大阪市が条例で指定した法人等に対する寄附金は、寄附金額から2,000円を控除した額に10%(大阪市が条例で指定した法人等に対する寄附金は6%)を乗じた額を税額から控除(基本控除)しますが、ふるさと寄附金(都道府県・市区町村に対する寄附金)は基本控除に加えて、特例控除を加算のうえ税額から控除します。

適用される控除額は、税額や所得金額に応じた適用上限額がありますが、支払った寄附金額の2,000円を超える部分について、所得税および個人市・府民税から控除されます。(例:年収700万円の、扶養家族が配偶者のみ(1名)の給与所得者の方の場合、30,000円のふるさと寄附金をすると、2,000円を除く28,000円が控除されます。)

なお、平成27年1月1日以降のふるさと寄附金から控除の上限額が、約2倍に拡充されました。

〈控除のイメージ〉

控除のイメージ画像

※平成26年12月31日以前までの寄附金については、「住民税の控除額(特例分)」の上限は、所得割額の1割が限度となります。

寄附金の控除を受けるための手続き

ふるさと寄附金の税制上の優遇を受けるには、次の手続きが必要となります。

所得税の確定申告を行う場合

前年中(1月1日~12月31日)に支払った寄附金について、所得税の確定申告を行うことにより、所得税と個人市・府民税が軽減・減額されます。申告には、都道府県・市区町村などから交付された寄附金の受領証や領収書など、寄附を行ったことを証明できる書類が必要となります。なお、受領証等は申告される方が寄附者として記載されているものに限ります。
所得税の確定申告を行う場合の図
確定申告書の記入方法や提出期限などは「ふるさと寄附金に係る所得税確定申告書の手引き」を参考としてください。

ふるさと寄附金に係る所得税確定申告書の記載の手引き(平成29年1月)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

手続きの簡素化(「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の創設)について

確定申告をする必要のない給与所得者等がふるさと納税(本市では「ふるさと寄附金」と言います。)を行う場合に、ふるさと納税先団体が5団体以内の場合であって、確定申告を行わない場合に限り、ふるさと納税を行う際に、各ふるさと納税先団体に特例の適用に関する申請書を提出することで、確定申告を行わなくても、ふるさと納税についての寄附金控除を受けられる特例的な仕組み(ふるさと納税ワンストップ特例制度)が創設されました。

なお、当制度は平成27年4月1日以降の寄附金について適用されます。

ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用する場合の図
当制度を利用できる方の条件等の詳細については、次をご覧ください。
当制度を利用できない方については、これまでと同様に、所得税の確定(還付)申告により寄附金額の申告を行ってください。

ふるさと寄附金による寄附金税額控除額の計算方法

寄附金税額控除額の計算方法については、次をご覧ください。
なお、ふるさと寄附金による寄附金税額控除は、基本控除額と特例控除額を加算した額が税額控除額となります。

【確定申告をされた方の場合】

ふるさと寄附金による控除額の試算

ふるさと寄附金により控除される見込額は、総務省ホームページで試算できます。

お問い合わせ先(市税事務所・税務署)

個人市・府民税の申告に関する手続きなどについては、お住まいの区を担当する市税事務所 市民税等グループ(市民税等グループ)までお問い合わせください。

所得税に関する内容については、最寄りの税務署別ウィンドウで開くまでお問い合わせください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市財政局税務部課税課個人課税グループ
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所6階)

※個人市・府民税に関する制度や手続き、具体的な課税に関するお問い合わせは、1月1日にお住まいの区を担当する市税事務所(市民税等グループ)へご確認ください。