ページの先頭です
メニューの終端です。

平成28年度 阿倍野区新たな地域コミュニティ支援事業(中間評価)

2021年6月9日

ページ番号:380023

阿倍野区では、新しい地域自治の仕組みである地域活動協議会の運営支援を行うために、「阿倍野区まちづくりセンター」を開設し、地域の皆様の活動の支援を行っています。

阿倍野区まちづくりセンターとは

所在地

(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)
〒545-8501 大阪市阿倍野区文の里1丁目1番40号(阿倍野区役所3階36番窓口)

連絡先

電話:06-6615-8490 ファックス:06-6615-8491
メールアドレス:abeno-machikyou@wonder.ocn.ne.jp

主な業務

  1. 若い世代など幅広い市民参画の促進、地域における担い手育成や人材育成への助言・指導
  2. 幅広い世代の住民の地域活動への参加・参画を促すため、事業の効果的な実施を支援
  3. 多様な地域活動との連携・協働に向けたネットワークづくりへの助言・指導
  4. 自主財源の獲得に向けた情報提供や申請等手続きの助言・指導
  5. 地域活動協議会が行政の委託事業を受託するためや地域課題をビジネス手法で解決するための助言・指導
  6. 地域活動協議会の事務局機能充実に向けた支援や、開かれた組織運営、会計等の透明性確保に向けた助言・指導
  7. NPO等法人化に向けた情報提供や申請手続きの助言・指導
  8. 区内の地域活動協議会等の情報交換や連携の促進

平成28年度 阿倍野区新たな地域コミュニティ支援事業にかかる受託事業者の評価結果を公表します!

PDCAの観点から、支援の評価及び検証を行い、その結果を今後の事業内容に反映させ、事業効果を高めるとともに、来年度以降の地域活動協議会の支援の在り方について検討するため、受託者による事業の実施状況について評価を行っています。
この評価にあたりましては、外部の有識者からも意見等を聴取するため、「評価委員」を選任し、「評価会議」(新たな地域コミュニティ支援事業業務委託事業者審査・評価会議)を開催しています。

平成28年度 中間評価(評価期間:平成28年4月1日から8月末まで)

評価結果

  1. 地域活動協議会の現在の状況についての分析
    【評価項目】
    自律的運営に向けた地域活動協議会の取組(イメージ)
    (1)「地域課題への取組」についての分析
    (2)「つながりの拡充」についての分析
    (3)「組織運営」についての分析
    (4)「区独自取組」についての分析
    【評価】
    B
    【理由】
    総合的な支援に加え、各地域活動協議会への個別の支援を行う中から、地域の実情、特性やニーズについての把握に努めており、有効な支援策の計画を行っている。
  2. 事業の実施内容(支援策(取組)の内容)
    【評価項目】
    自律的運営に向けた地域活動協議会の取組(イメージ)
    (1)「地域課題への取組」にかかる支援の提案内容
    (2)「つながりの拡充」にかかる支援の提案内容
    (3)「組織運営」にかかる支援の提案内容
    (4)「区独自取組」にかかる支援の提案内容
    【評価】
    B
    【理由】
    地域活動協議会と企業、各諸団体等との交流会の開催は、お互いの強み弱みを補完しあい、新たなつながりを生むきっかけとして有効に活用いただいた。
    また、「地活協サポーター発掘プロジェクト」では、各地域活動協議会が5年後、10年度を見据えて新たな担い手の確保について検討する機会となり、地域活動協議会が主体となった具体的な取り組みが生まれつつある。組織運営的にも、地域活動協議会ができて、2から4年目ということで、例えば、会計担当者が変わった事業も多いが、会計処理の積極的なサポートにより、運営の負担軽減につなげるなど、自立的運営に向けた取組の効果が現れている。
  3. 事業の実施体制等
    【評価項目】
    (1)自由提案による地域支援の提案内容
    (2-1)スーパーバイザー、アドバイザー及び地域まちづくり支援員の体制にかかる提案内容
    (2-2)フォロー(バックアップ)体制等にかかる提案内容
    (3)区のマネジメントに対応した取組にかかる提案内容
    【評価】
    B
    【理由】
    支援員、アドバイザー、スーパーバイザーが連携をとりながら支援事業の企画、運営を行っているとともに、組織としてのフォローアップ体制も整っているなど、本業務を円滑に業務遂行している。また、まちづくりセンターのアドバイザー、支援員は担当地域を設け、それぞれの地域に合った支援が適切に行えている。
  4. 区の方針・戦略を踏まえた今年度の重点支援策(取組)(5つ以内)
    【評価項目】
    区の方針・戦略を踏まえた今年度の重点支援策(取組)
    【評価】
    B
    【理由】
    重点支援策として4つの取組みに注力している。
    各地域活動協議会の特色に合わせた支援策となっており、それぞれの支援策をリンクさせながら取組を進めていることにより相乗効果が現れている。
  5. 現時点での支援策(取組)の実施状況に対する区の評価及び意見
    【評価項目】
    (1)現時点での支援の実施状況
    (2)上記を受けた、年度後半の支援についての考え
    【評価】
    B
    【理由】
    それぞれの企画について、一方的に進めるわけでなく、各地域の様子を見ながら相応しい支援を進めている。
    具体的に支援を進めるにあたって、企画案の作成などやや遅いと感じる部分があるが、上半期で積み上げて準備してきたことを下半期では、スケジュール管理を着実に行い、各地域活動協議会が成果を実感できるように取り組んでほしい。
  6. 総合評価
    【評価】
    B
    【理由】
    受託者は、着実に地域との関係づくりや実情把握に努めており、地域から期待される存在となっている。分科会においては、地域活動を担うスタッフのスキルアップや、地域間の情報共有を図るなど、各地域が切磋琢磨できるような支援となっており評価できる。また、「地活協サポーター発掘プロジェクト」では、新たな担い手の確保に向けた取組について、他区の事例紹介などが刺激となり、すぐに取組を始めた地域もある。下半期においては、地域活動に興味はあるが、参画していない層への取組も企画されており、地域活動の活性化を期待している。
    今後も各地域活動協議会が新たなステップへ自主的に進んでいけるような支援を行ってほしい。

(評価基準)

S:本市の求める水準を大幅に上回る効果が得られた
A:本市の求める水準以上の効果が得られた
B:おおむね本市の求める水準どおりの効果が得られた
C:本市の求める水準の効果が得られていない

評価会議における委員の評価及び意見

平成28年10月20日に「評価会議」を開催し、提出資料をもとに、受託事業者からヒアリングを行い、評価委員の意見等を聴取しました。
評価会議における評価委員の評価及び意見は次のとおりです。

  1. 項目ごと評価
    (ア)地域活動協議会の現在の状況についての分析
    評価点(配点15点)
    A委員:8点
    B委員:9点
    C委員:11点
    (イ)事業の実施内容(支援策(取組)の内容)
    評価点(配点20点)
    A委員:12点
    B委員:12点
    C委員:15点
    (ウ)事業の実施体制等
    評価点(配点15点)
    A委員:10点
    B委員:12点
    C委員:14点
    (エ)今年度の重点支援策(取組)
    評価点(配点10点)
    A委員:7点
    B委員:6点
    C委員:7点
    (オ)支援策(取組)の実施状況
    評価点(配点40点)
    A委員:30点
    B委員:24点
    C委員:33点
    【主な意見等】
    地域活動協議会防災分科会(段ボールベッド講習会)、地域活動協議会サポーター発掘プロジェクトの実施は評価できる。
  2. 総合評価
    A委員:B
    B委員:C
    C委員:A
    【主な意見等】
    全体的に地域活動協議会の評価が甘いのではないか。評価が甘いと今後の支援方策がみえてこない。
    支援員のキャラクターがおとなし過ぎる印象があり、地域との関係が良好なのか少し不安を感じる。
    将来的には、黒子的に動く中間支援組織の存在が目立たなくなっていき、地域の「プレーヤー」がどんどん表にでてくるような支援を望む。
    地域活動協議会が「PTA」と連携を組み、既存の元気な地域活動とも融合していくと、地域にますます活気が生まれると思う。その動きをサポートしていってほしい。

(評価基準)
S:本市の求める水準を大幅に上回る効果が得られた
A:本市の求める水準の効果が得られた
B:おおむね本市の求める水準どおりの効果が得られた
C:本市の求める水準の効果が得られていない

【評価委員名簿】
久隆浩(近畿大学教授)
東一洋(日本総合研究所シニアマネジャー)
三井ハルコ(市民事務局かわにし事務局長)

以下、評価会議資料を掲載しています。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市阿倍野区役所 市民協働課市民協働グループ

〒545-8501 大阪市阿倍野区文の里1丁目1番40号(阿倍野区役所2階)

電話:06-6622-9787

ファックス:06-6621-1412

メール送信フォーム