ページの先頭です
メニューの終端です。

平成28年度 第1回 阿倍野区民モニターアンケート結果

2019年12月23日

ページ番号:398206

アンケートの概要

阿倍野区の事業や取組みに対するご意見やご提案をいただき、みなさまの声を区政に反映するために、阿倍野区にお住まいの18歳以上の方から無作為に3,480名の方を選ばせていただき、ご協力をお願いしました。

アンケートの目的

大阪市では、「豊かな地域社会の形成に向けた区政運営の基本方針」を策定し、「大きな公共を担う活力ある地域社会づくり」を進めており、方針では具体的な戦略及び取組について、それぞれ成果指標を設定しています。

今回のアンケートにつきましては、阿倍野区の実情を最もよく知っている区民のみなさまにご意見をおうかがいし、成果指標の達成に向けた進捗度合いを測ることを目的としています。

アンケートの結果をもとに、より活力ある地域社会づくりを進めていきます。

アンケートの実施状況

  • 調査実施時期 平成28年12月5日から平成28年12月26日まで
  • 対象者 無作為抽出による阿倍野区民の方  3,480名
  • 調査手法 対象者へ郵送
  • 回答者数 1,160名
  • 回答率 33.4%

区民モニター数および回答者数

区民モニター数および回答者数
  男性モニター数 女性モニター数 総計 男性回答者数 女性回答者数 総計 回答率
18~34歳 580人 580人 1160人 105人 121人 226人 19.48%
35~64歳 580人 580人 1160人 187人 226人 413人 35.60%
65歳以上 580人 580人 1160人 289人 232人 521人 44.91%
総計 1740人 1740人 3480人 581人 579人 1160人 33.33%

アンケート結果の分析

  • 各質問について、アンケート結果とそれをふまえた区のコメントを記載しております。
  • 各選択肢の構成比の数値は、少数第二位を四捨五入しています。そのため、内訳の合計が100%にならない場合があります。

問1 あなたは、お住まいの地域では、日頃から、ご近所どうしで「声かけ」、「見守り」、「助け合い」、「支え合い」が行われていると感じますか。

行われていると感じる人は44.3%、感じない人は54.1%、無回答は1.6%
問1の回答結果のグラフ

若い世代をはじめとする幅広い区民の地域活動への参加を促進し、身近な地域の中で世代間の協力のもと、地域で支え合い助けあって暮らせるまちづくりを推進するなど、地域活動協議会の支援を通じて豊かなコミュニティづくりをめざしてまいります。

問2-1 阿倍野区内には、校区等地域(おおむね小学校区)を範囲として、地域団体やNPO、企業など地域のまちづくりに関するいろんな団体が集まり、話し合い、協力しながら、地域課題の解決やまちづくりに取り組んでいくための仕組みである「地域活動協議会」が10地域あります。あなたは、この「地域活動協議会」のことを知っていますか。

地域活動協議会について、活動していることを知っている人は14.6%、聞いたことがある人は20.9%、知らない人は63.3%
問2-1の回答結果のグラフ

地域活動協議会のもとで行われる事業に対しまして、地域活動協議会補助金を交付しております。阿倍野区におきましては、補助金を活用いただき10地域で120あまりの事業が実施されております。地域活動協議会の活動がより多くの区民に知っていただけるよう区ホームページや広報あべの等において周知してまいります。

問2-2 (問2-1で「活動していることを知っている」と回答された方へ)あなたは、お住まいの地域の地域活動協議会では、地域課題の解決やまちづくりに自律的に取り組んでいると感じますか。

取り組んでいると感じる人は76.3%、感じない人は21.9%、無回答は1.8%
問2-2の回答結果のグラフ

地域活動協議会の活動について、「知っている」と回答された方々においては、地域活動協議会が自律的に活動に取り組んでいると感じている割合が高くなっています。地域活動協議会の取組みが一層、活発かつ自律的に行われるよう、まちづくりセンターの開設を行い地域活動協議会の運営支援を引き続き行ってまいります。

問3-1 あなたは、校区等地域を越えた範囲で、地域団体や市民、NPO、企業などいろんな方々が連携し、協働することによって、まちづくりに関する活動が進められていると感じますか。

進められていると感じる人は19.4%、感じない人は47.1%、無回答は2.5%
問3-1の回答結果のグラフ

校区等地域を超えて、地域団体等まちづくりに関するさまざまな活動主体が課題やテーマを情報共有できるようまちづくりセンターを開設し、情報提供をはじめ、意見交換や情報共有が行える場づくりなどマッチングの支援を行ってまいります。

問3-2 (問3-1で「感じる」又は「どちらかといえば感じる」と回答された方へ)どのような点に、そう感じましたか。(複数回答可)

校区等地域を越えた様々な立場の人々が参画するようになったと感じる人は55.1%、校区等地域を越えた困難な地域課題に対しても対応が進められたと感じる人は13.2%
問3-2の回答結果のグラフ

校区等地域を超えて、地域団体等まちづくりに関するさまざまな活動主体が課題やテーマを情報共有できるようまちづくりセンターを開設し、情報提供をはじめ、意見交換や情報共有が行える場づくりなどマッチングの支援を行ってまいります。

問4 あなたは、地域活動に参加していますか。

地域活動に参加している人は12.2%、していない人は85.9%、無回答は1.8%
問4の回答結果のグラフ

幅広い世代の住民の地域活動への参加・参画を促すため、若い世代やマンション住民などこれまで地域活動への関わりの薄かった人たちに、地域コミュニティへの参加のきっかけとなるさまざまなイベント情報の発信などの働きかけを進め、人と人とが出会いつながる機会づくりの支援を行ってまいります。

問5-1 大阪市では、地域のまちづくりを活性化させるため、中立的な立場で地域の話し合いを進め、人材・情報など地域の資源をコーディネート・ファシリテートし、地域特性に応じた活動のマネジメントを行う「地域公共人材」の育成及び地域への派遣に取り組んでいます。あなたは、この「地域公共人材」という仕組みを知っていますか。

「地域公共人材」の活動を知っている人は3.4%、聞いたことがある人は7.8%
問5-1の回答結果のグラフ
別ウィンドウで開く

「地域公共人材」の仕組みについて、知っていただけるよう周知を行ってまいります。

問5-2 (問5-1で「「地域公共人材」の活動を知っている」と回答された方へ)あなたのお住まいの地域の活動において、この「地域公共人材」が活躍していると感じますか。

活躍していると感じる人は69.2%、感じない人は20.5%、無回答は10.3%
問5-2の回答結果のグラフ

「地域公共人材」の仕組みについて、知っていただけるよう周知を行ってまいります。

問6 あなたの性別をお答えください。

男性は49.6%、女性は49.2%、無回答は1.2%
問6の回答結果のグラフ

問7 あなたの年齢をお答えください。

20歳から29歳 : 9.4%、30歳から39歳 : 12.5%、40歳から49歳 : 11.4%、50歳から59歳 : 11.2%、60歳から69歳 : 23.1%、70歳から79歳 : 17.3%、80歳以上 : 13.4%
問7の回答結果のグラフ

問8 あなたが現在の住所にお住まいになってからの年数をお答えください。

居住年数が1年未満の人が4.1%、1年以上10年未満の人が28.6%、10年以上の人が65.7%
問8の回答結果のグラフ

問9-1 あなたは現在、中学生以下のお子さまの子育てをしていますか。

中学生以下のお子さまの子育てをしている人は16.1%、していない人は81.7%
問9-1の回答結果のグラフ

問9-2 (問9で「している」と回答された方へ)お子さまは、次のどれにあてはまりますか。(複数回答可)

小学校就学前が46.4%、小学生が33.0%、中学生が17.9%
問9-2の回答結果のグラフ

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市阿倍野区役所 総務課区政企画グループ

〒545-8501 大阪市阿倍野区文の里1丁目1番40号(阿倍野区役所2階)

電話:06-6622-9683

ファックス:06-6621-1412

メール送信フォーム