ページの先頭です
メニューの終端です。

学校園紹介No.9 苗代小学校

2022年4月8日

ページ番号:500524

苗代小学校外観

苗代小学校(大阪市阿倍野区阪南町1-26-30

生徒数:521人
学級数:22学級
(令和元年5月1日現在)

苗代小学校ホームページ別ウィンドウで開く

校長先生にお話を聞きました!

苗代小学校長 池田 眞一先生

苗代小学校長 池田 眞一(いけだ しんいち)先生

苗代小学校

  • 落ち着いた地域であり、教育を大切にしていこうという想いを感じる。また、エネルギッシュな保護者が多い。
  • 素直で一生懸命に頑張る子ども達が多い。今後もその努力に自信を持ち、チャレンジ精神を忘れずに頑張ってほしい。
  • 学校は学習だけでなく、さまざまなことを体験できる場であると思う。家庭や普段の生活では体験できないことを通して、多様な考え方を身につけてもらいたい。今年度の取組みとしては、日本の伝統文化を大切に思う気持ちを育てるため「能・狂言」の鑑賞と体験学習(ワークショップ)を計画している。学習面では、生活科・社会科で「主体的・対話的で深い学び」の実践を積み上げ、各教科学習で生きる力を育てていきたい。
  • また本市の教育振興基本計画で示されているように、国際都市大阪を支える世界的視野を持った子ども達を育てるため、自分の国や地域の文化・伝統を基礎として学び、積極的に他者に伝えられるようなアピール力の向上や、自信を育てていく。
  • 読み聞かせ活動に力を入れて取組んでいこうと思う。子ども達から子ども達への読み聞かせをおこなうことで、「聞く側」と「聞いてもらう側」の両方の経験をさせ、新たな興味関心へのきっかけづくりや、自尊感情を高めていくことにつなげていきたい。朝の学習時間に、昨年度高学年児童が低学年児童に向けて読み聞かせを行った。取組みを始めたばかりで、まだ大きな成果にはつながってはいないが、これから本格的に取り組んでいきたい。
  • 読み聞かせの本は校長が選ぶこともある。暗唱ができるものや、誰もが知っている詩集等を選んだ。読み聞かせは学力の基礎となる国語力を高めるものなのでこれまでも大切にしてきた。
  • 本校北校舎の2・3階の陽当たりの良い廊下の角に、1~3年生用と4~6年生用に分けた「ちょっ図書館」がある。子ども達が靴を脱いでリラックスしながら読書ができるスペースであり、少しでも多くの子どもに読書に親しみをもってもらいたい。今後も本の数を増やし、「ちょっ図書館」をさらに充実させていく。

 

ちょっ図書館

ちょっ図書館の様子

  • 令和3年に創立70周年を迎える。周年行事を令和3年6月に実施予定。まずは校内の教育環境づくりとして、施設の整備からおこなっている。校内が綺麗になることで、子ども達のやる気もアップする。そして、子ども達が自分の学校を綺麗にしたいと思う「学校への想い」を高めていく。
  • 令和元年度の卒業式は限られた範囲、最小限の人数での式であったが、心のこもった卒業式だった。保護者・PTAの方々に支えてもらい、練習する時間もなかったが、一生懸命に頑張る子ども達の姿が光っており、とても温かさを感じられ心に残った。
  • 子ども達には何事に対しても自発的に取り組んでもらいたいと思っている。そのために、興味関心を引き出すきっかけづくりになる種をこれからもたくさんまいていく。一人一人の個性が生きた元気いっぱいの花が咲くことを楽しみにしている。
  • 子ども達が今持っている力を最大限に引き出すためには「話す」ではなく「聞く」に力を入れるべきだと考えている。子ども達はさまざまな力をたくさん持っており、その力をいかに引き出すかのポイントは、話を「聞く」こと、相手を認めたり想いを推し量ったりする力が指導者には欠かせないと考えている。
  • キャンプ等の野外活動が大好きで、宿泊行事(チャレンジ海教室)の飯盒炊飯では、より美味しいご飯を食べてもらいたいと思い心を込めてカレーの作り方を子ども達に伝えた。後の感想文で「校長先生に教えてもらって作ったカレーがおいしかった」とあり、嬉しく感じた。伝える力は言葉だけではなく、取組む姿勢やがんばる姿からも確実に伝わる。他人の気持ちを感じ取れる子どもは、その人の思いも理解できるはずである。
  • 習い事等で忙しい子ども達も多いが、今後も区や地域の行事や取組みには積極的に参加してもらいたい。特に、集団の中での経験は大切だと思うし、参加してくれたことに対して積極的に称賛したい。
  • 日頃から支えてくれている保護者やPTA、地域の方にはとても感謝している。支えてくれる人がいることへの感謝の気持ちを忘れず、その想いに応えることのできる子ども達の育成に今後も全力で取組んでいく。

このインタビューは令和2年4月7日に発令の新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく、「緊急事態宣言」前に行いました。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市阿倍野区役所 市民協働課教育支援グループ

〒545-8501 大阪市阿倍野区文の里1丁目1番40号(阿倍野区役所2階)

電話:06-6622-9893

ファックス:06-6621-1412

メール送信フォーム