ページの先頭です
メニューの終端です。

12月4日(金曜日)から10日(木曜日)は人権週間です

2020年11月1日

ページ番号:517051

「世界人権宣言」が採択されたことを記念して定められた人権週間。
阿倍野区においても人権が尊重されるまちづくりを推進するため、期間中に講演会の開催などに取り組みます。

ハートを抱えるあべのんと虹(人権啓発あべのん)

人権講演会「音楽に込められたメッセージ~個人の自由と自立~」

クラシック音楽をはじめ、世界各地の民謡や歌曲には、その時代を生きた人々の想いや願いが込められています。「もっと自由になりたい」「幸せに生きたい」「こんな悲しいことがあっていいのか」など、楽曲に込められたメッセージを映像とともに解説し、アンサンブルの生演奏を聴いていただきます。ぜひご参加ください。

人権講演会 開催概要

日時

12月9日(水曜日)14時~15時30分(13時30分開場)

場所

大阪市阿倍野区役所 2階大会議室(大阪市阿倍野区文の里1-1-40

定員

50名(事前申込先着順)

申込

  • 11月9日(月曜日)から受付開始。窓口、電話、FAXでお申込みください。
    1回のお申込みにつき2名まで可。氏名、住所、電話番号をお伝えください。

注)個人情報は人権講演会にかかる連絡以外には使用しません。
  なお、参加者の新型コロナウイルス感染が判明した場合は、個人情報を大阪府や保健所などに提出することがあります。

講師

松本 城洲夫(まつもと しずお)さん

若年より独学で声楽を学び、イタリアで知り合った世界的な音楽家の兄弟と協働で「友情のサビーナ・オーケストラ」を結成。
イタリア生活文化交流協会会長、大阪府北部コミュニティカレッジ音楽科講師、(有)サビーナネット代表取締役など。元龍谷大学人権論講師。

講師の松本 城洲夫さん

講師の松本 城洲夫(まつもと しずお)さん

アンサンブル・サビーナ

世界的ホルン奏者アレッシオ・アレグリーニ、兄のトランペット奏者ヴィニーチョ・アレグリーニと日本の音楽家との交流から生まれた「友情のサビーナ・オーケストラ」の女性音楽家を中心に編成している管弦楽アンサンブル。

アンサンブル・サビーナのみなさん

アンサンブル・サビーナ

曲目

ヴァイオリン協奏曲「四季」より(ヴィヴァルディ作曲)、オペラ「フィガロの結婚」より(モーツァルト作曲)、世界各地の民謡や歌曲ほか

新型コロナウイルス感染症対策について

  • 感染防止のため参加者の皆さまには、入場前の検温のご協力やマスクの着用、手指の消毒、他の参加者と十分な間隔を保つなどの対応をお願いします。
  • 発熱や咳、咽頭痛などの症状があり、体調がすぐれない場合には、参加をご遠慮ください。
  • 今後の感染拡大の状況によっては中止させていただく場合があります。その際には当ホームページ等でお知らせします。

その他

  • 費用無料
  • 事前申込必要
  • 手話通訳あり

申込み・問合せ先

阿倍野区役所 教育支援担当 2階22番

電話:06-6622-9893 ファックス:06-6622-9840

阿倍野区 人権週間の取組みチラシ

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市阿倍野区役所 市民協働課教育支援グループ

〒545-8501 大阪市阿倍野区文の里1丁目1番40号(阿倍野区役所2階)

電話:06-6622-9893

ファックス:06-6621-1412

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示