ページの先頭です
メニューの終端です。

阿倍野区役所 新型コロナ禍に災害が起きた際の避難について

2021年3月26日

ページ番号:525627

新型コロナ禍でも災害時避難所の変更はありません。しかし通常時では、避難所における一人当たりのスペースは1.6平方メートルですが、コロナ禍では、感染拡大防止のため、一人当たりのスペースが概ね4平方メートルとなります。居住スペースの間隔についても、通常時は1メートルですが、コロナ禍においては2メートル確保する必要があります。その為受け入れ可能人数が大幅に減少します。災害時の避難に備え、分散避難についてご検討をお願いします。

分散避難とは、ご自宅が安全な場合はご自宅で避難をしていただきます。また、あらかじめ安全な地域に住んでいる親戚・知人宅等への避難や、宿泊施設等への避難を示します。

新型コロナ禍における避難について

お住まいの地域や職場、学校等の災害のリスクを「水害ハザードマップ」や「マップナビ おおさか」などで確認(河川氾濫・津波などの浸水想定)し、災害時避難所の場所等も把握しておきましょう。また、避難が必要な方は多様な避難先の検討をお願いします。

新型コロナ禍で災害が起きた際の自宅療養者及び濃厚接触者の方の避難について

新型コロナ禍で災害が起きた場合に、自宅避難・滞在が困難で避難が必要な方は、通常の災害時避難所ではなく、自宅療養者の方は宿泊療養施設での療養、濃厚接触者の方は指定避難所への避難となります。

そのため、災害が起きた場合に備えて、事前におこなっていただくことや、災害時の避難行動などを『災害への備え』に記載していますので、必ずご覧ください。

事前に災害時に備え家族で話し合いましょう

新型コロナウイルス感染症拡大が懸念される状況において、地震や風水害等が発生し、避難が必要になった場合において感染拡大リスクの軽減や防止のため、自分や家族の命を守るために避難行動や避難先を家族で話し合ってこの避難カードを作ってみましょう。また、避難カードの裏面には家の安全対策や家庭でのローリングストック、非常持ち出し品のチェックリスト、避難先の選択肢など掲載していますので、ぜひ参考にしてください。この避難カードは下記の「わたしの避難カード PDFファイル」から印刷してご利用できるほか、阿倍野区役所2階23番で配架しております。

わたしの避難カード

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市阿倍野区役所 市民協働課市民協働グループ

〒545-8501 大阪市阿倍野区文の里1丁目1番40号(阿倍野区役所2階)

電話:06-6622-9787

ファックス:06-6621-1412

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示