ページの先頭です
メニューの終端です。

赤い虫(タカラダニ)について

2014年12月8日

ページ番号:226428

タカラダニ

5~6月にかけブロック塀やベランダなどで、真っ赤な虫が大量にウロウロしている姿を目にすることがあります。

これはタカラダニの一種です。

 

タカラダニの特徴と被害

タカラダニの画像。出展は社団法人日本ペストコントロール協会刊の害虫スライド集CD-ROM版(其田益成)

特徴

成虫の体長は1.0から2.7mm。

被害

人を刺したり吸血することはないようですが、大量発生時の見た目の不快感と、洗濯物などに付いた場合につぶれて赤いシミができることがあります。

対処方法

タカラダニ類は7月を過ぎた頃から(梅雨があけた頃から)自然にみなくなります。

ベランダやコンクリートの壁に大量に発生していて気になる場合、水で流してしまうという方法があります。

室内に侵入してしまった場合 、掃除機で吸ってしまうのが、一番安全で確実な対処方法です。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市旭区役所 保健福祉課保健衛生グループ

〒535-8501 大阪市旭区大宮1丁目1番17号(旭区役所2階)

電話:06-6957-9882

ファックス:06-6952-3247

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示