ページの先頭です
メニューの終端です。

あなたはロコモティブシンドローム(運動器症候群)ではありませんか?

2015年1月27日

ページ番号:243173

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは?

 骨、関節、筋肉などの運動器の働きが衰えると、くらしの中の自立度が低下し、介護が必要になったり、寝たきりになる可能性が高くなります。

 運動器の障害のために、要介護になっていたり、要介護になる危険性が高い状態がロコモティブシンドローム(運動器症候群)です。

 

ロコチェック

 7つのロコチェックのうち1つでも当てはまればでロコモティブシンドローム(運動器症候群)である心配があります。

 今日からロコモーショントレーニングを始めましょう。


1.かたあし立ちで靴下が履けない
2.家の中でつまずいたり滑ったりする
3.階段を上るのに手すりが必要である
4.横断歩道を青信号で渡りきれない
5.15分くらい続けて歩けない
6.2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
7.家のやや重い仕事が困難である

ロコモーショントレーニング

 ロコモーショントレーニングをしてロコモティブシンドローム(運動器症候群)を予防しましょう。
ロコモーショントレーニングの一例(ウォーキング)

 ロコモーショントレーニングについては、PDF「あなたはロコモティブシンドロームではありませんか?」をご覧ください。

ロコモーショントレーニングについての案内リーフレット

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

 「あなたはロコモティブシンドロームではありませんか?」のリーフレットをご希望の方は、保健福祉課(保健活動)へお問い合わせください。

 電   話:06-6957-9968

 ファックス:06-6952-3247

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市旭区役所 保健子育て課保健活動

〒535-8501大阪市旭区大宮1丁目1番17号(旭区役所2階)

電話:06-6957-9968

ファックス:06-6952-3247

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示