ページの先頭です
メニューの終端です。

平成31年度 旭区関連予算(案)概要

2019年2月14日

ページ番号:461526

1 予算編成にかかる考え方・全体予算の概要など

 旭区では、平成30年3月からの5年間を計画期間とした旭区将来ビジョンにおいて、「安心して住み続けられるあたたかいまち 旭区」を区の将来像として掲げ、その実現に向けて「安心して子育てできるまち」「やさしさあふれるまち」「活力あるまち」「安全に暮らせるまち」を優先すべき取組の4つの柱としています。

 計画の2年目となる平成31年度については、上記4つの柱に基づき、子育て・教育環境の充実、暮らしを守る福祉等の向上、コミュニティの活性化とまちの魅力の創出、地域防災力・地域防犯力の強化に重点を置くとともに、限られた財源のもとで一層の選択と集中を意識し、以下の観点から予算編成を行いました。

  • 子育て支援の充実と全ての子どもが希望を持ってたくましく生きる力を身につけるための取組の推進
  • 誰もが健康にいきいきと暮らすための取組と誰もが暮らしやすいまちづくりの推進
  • コミュニティの活性化のための取組とまちの魅力創出や地域経済活性化施策の展開
  • 防災体制の充実・強化と効果的な防犯啓発の取組推進
  • 防災拠点になる区役所庁舎及び附設会館(区民センター)の機能維持

2 区長(区CM)が関与する予算額

旭区関連予算

 994,472千円

区長自由経費

 301,262千円

区CM(注)自由経費

 注:区シティ・マネージャー(区域内の基礎自治に関する施策などの実質的な責任者)

 693,210千円

3 重点的に取り組む事業

(1)《新規》児童の学力向上サポート事業【担当:総務課(企画調整)】

概要

 小学4、5年生を対象に学力分析機能付き単元テストを導入し、児童の理解度の見える化や分析等に係る教員負担の軽減につなげるとともに、分析結果と補助プリントの活用により、着実な学力の向上を図ります。

工夫点

 客観的な効果測定が可能であるとともに、個々人の理解状況に応じた補助プリントを、家庭学習の充実や、放課後の空き教室を活用して小学校児童の学習支援を行う「学力アップアシスト事業」での活用につなげることにより、相乗的な効果が期待できるものです。

平成31年度予算額

 3,110千円

(2)《新規》中・高生自立育み事業【担当:保健福祉課(生活支援)】

概要

 家庭環境等により十分な情操教育を受けられず、職業観や就労意識を形成しがたい中学・高校生に様々な職業に接する機会等を提供することで、自立心や自己肯定感を育み、自らの将来像を考える力・生き抜く力の醸成につなげます。

工夫点

 様々な職業人の職業観に触れる機会を提供し、施設見学については区内を中心とした企業の協力を得られるよう働きかけを行い実施します。また「あさひ学び舎事業」と連携し、より効果的に実施します。

平成31年度予算額

 872千円

(3)《拡充》子育て安全ネット事業【担当:保健福祉課(子育て支援)】

概要

 区内の関係機関が参画したあさひ子育て安心ネットワーク会議により子育て支援に係る課題を共有し、妊娠期からの切れ目のないサポートを行うことで、子育て環境の向上を図り、児童虐待防止につなげます。

工夫点

 あさひキッズカードを活用して、校下単位における関係者間のネットワーク強化を図ります。地区担当保健師が子育て家庭を妊娠期から継続的にサポートする「大阪市版ネウボラ」の取組とあわせて、子どもとその家族に対する支援が総合的かつ体系的に実施できます。

平成31年度予算額

 3,874千円

(4)《拡充》商店街魅力向上事業【担当:市民協働課(まち魅力)】

概要

 若手商店主の横の連携を強化するための勉強会の開催や、商店街と連携した空き店舗対策に取り組むとともに、区内店舗を利用した体験メニューの開発やインバウンド誘致に取り組み、商店街の活性化を図ります。

工夫点

 区の地域魅力を発掘・発信する「旭区ブランド」事業と総合的な展開を図ることで、既にブランド事業として実施している区内店舗での体験メニューの開発などについても、ホームページ等を活用して多言語で発信する等、外国人を含む観光客誘致に相乗的な効果が期待できるものです。

平成31年度予算額

 637千円

(5)地域防災事業【担当:総務課(庶務)】

概要

 前年度の災害(地震・台風等)で顕在化した課題を解決するため、自助・共助を担う住民の防災意識の向上を図る実戦的な訓練を行うとともに、通信手段の多重化のための情報機器の配備、避難所の防災備品の充実等、いざというときに機能する地域防災拠点の充実強化を図ります。

工夫点

 区役所の組織体制の変更を合わせて行うことで、地域担当制の充実・強化を図り、地域ごとに異なる課題の解決につなげやすくします。また、情報伝達手段の再構築などを機器の更新に併せて効果的に実施します。

平成31年度予算額

 10,714千円

平成31年度 旭区関連予算(案)概要(PDF形式・DOCX形式)

平成31年度 旭区関連予算(案)概要

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

4 予算事業一覧

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市旭区役所 企画総務課庶務グループ

〒535-8501 大阪市旭区大宮1丁目1番17号(旭区役所3階)

電話:06-6957-9625

ファックス:06-6952-3247

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示