ページの先頭です
メニューの終端です。

介護保険制度とは

2018年2月21日

ページ番号:411427

介護保険制度は寝たきり・認知症などの高齢者が増加する中で、「介護」の負担を社会全体で支えあうことを目的に平成12年4月に施行されました。

介護保険の被保険者

介護保険の被保険者は、65歳以上の方は第1号被保険者、40歳から64歳で医療保険に加入している方は第2号被保険者となります。

介護サービスを受けることができる方

65歳以上(第1号被保険者)の方

保険料

保険料は本人及び世帯の合計所得金額、市町村民税の課税状況等に応じて11段階の中から保険料が決定されます。65歳の誕生日の前日の属する月の分から納めていただきます。

介護サービスを利用できる方

  • 入浴、排泄、食事などの日常生活動作について常に介護が必要な方(要介護者)。
  • 心身の状態が改善する可能性が高い方で日常生活の一部に支援が必要な方(要支援者)。
  • 基本チェックリストに相当する状態と認められる方(事業対象者)。

40歳から64歳まで(医療保険に加入している第2号被保険者)の方

保険料

保険料は加入している医療保険の保険料に介護保険の保険料を上乗せして、算定方法に基づいて決定されます。大阪市国民健康保険では、年度途中に第1号被保険者になるときは、65歳になる月の前月までの介護保険料分を6月から翌年3月までの10期で納めていただくことになります。

介護サービスが利用できる方

老化が原因とされる病気(脳血管疾患など16種類の病気)により、介護等が必要になった方(要介護者・要支援者)。
(16種類の病気)がん(※)、関節リウマチ、筋萎縮性側索硬化症、後縦靭帯骨化症、骨折を伴う骨粗鬆症、初老期における認知症、進行性核上性麻痺・大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病、脊髄小脳変性症、脊柱管狭窄症、早老症、多系統萎縮症、糖尿病性神経障害・糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症、脳血管疾患、閉塞性動脈硬化症、慢性閉塞性肺疾患、両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

※医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市中央区役所 保健福祉課介護保険グループ

〒541-8518 大阪市中央区久太郎町1丁目2番27号(中央区役所4階)

電話:06-6267-9859

ファックス:06-6264-8285

メール送信フォーム