ページの先頭です
メニューの終端です。

住宅改修

2018年2月21日

ページ番号:420580

住宅改修

  1. 手すりの取付け
  2. 段差の解消
  3. 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料変更
  4. 引き戸等への扉の取替え
  5. 洋式便器等への便器の取替え
  6. 上記1~5の各工事に付帯して必要と認められる工事

※事前に申請が必要です。先に工事を始めると保険給付の対象となりません。

※本人以外が申請される場合委任状が必要です。

※20万円が限度で、その1割、2割または3割が自己負担です。

※1回の改修で20万円まで使い切らずに、数回に分けて使うこともできます。

※「介護の必要の程度」の段階が3段階以上高くなった場合、引っ越しをした場合は再度利用することができます。

悪質な住宅改修事業者にご注意ください

介護保険は、介護や支援が必要になったときに、要介護(要支援)認定を受け、介護保険サービスの提供を受ける制度ですが、市役所や区役所の職員又は大阪市の委託を受けているなどと偽り自宅等を訪問し、無料で住宅改修ができると言って認定申請を勧めたり、介護保険の認定の有無や生年月日、受診している医療機関等を聞き出し、本人の知らないうちに無断で認定申請を行い、要介護(要支援)認定が出た後で、必要のない住宅改修工事を強制する事案が発生しています。

介護保険の住宅改修の利用限度額は原則20万円ですので、「無料で工事ができる」などと言われて不要な改修工事をしてしまうと、将来、本当に改修工事が必要になったときに工事ができなくなる場合があります。

そのような業者等の訪問や電話があった場合、要介護(要支援)認定申請をする意思がないときはハッキリと断り、安易に介護保険被保険者証を見せる(渡す)など、個人情報を伝えないように注意してください。

また、認定申請をした心当たりがないのに、大阪市認定事務センターから「介護保険資格者証」が送付されたり、認定訪問調査の日程調整の連絡があった場合は、大阪市認定事務センター(電話:06-4392-1700)又は区役所の介護保険担当までご相談ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る
  • Google+で共有する

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市中央区役所 保健福祉課介護保険グループ

〒541-8518 大阪市中央区久太郎町1丁目2番27号(中央区役所4階)

電話:06-6267-9859

ファックス:06-6264-8285

メール送信フォーム