ページの先頭です
メニューの終端です。

中央区保健福祉センター乳幼児発達相談心理相談業務非常勤嘱託職員要綱

2019年11月29日

ページ番号:486748

中央区保健福祉センター乳幼児発達相談心理相談業務非常勤嘱託職員要綱

(目的)

第1条  この要綱は、「大阪市非常勤嘱託職員要綱」に基づき委嘱される中央区保健福祉センター乳幼児発達相談心理相談業務非常勤嘱託職員(以下「心理相談業務非常勤嘱託職員」という。)について、必要な事項を定めることを目的とする。

 

(委嘱)

第2条  心理相談業務非常勤嘱託職員は、次のいずれかに該当する者の中から、筆記試験または論述試験、面接試験の内容を総合的に勘案して任用する。

(1)臨床心理士認定資格を有する者

(2)公的機関・医療機関・社会福祉施設・教育施設での心理相談業務を2年以上勤務した経験のある者

(3)前各号に準ずる者であって、第4条に規定する業務を遂行するに必要な知識及び能力を有する者

 2  心理相談業務非常勤嘱託職員の委嘱は、市長が行うものとする。

 

(委嘱期間)

第3条  心理相談業務非常勤嘱託職員の委嘱期間は、1年以内とする。

2  市長は、必要と認める場合に限り、その委嘱期間を2回に限り更新することができる。

 

(業務)

第4条  心理相談業務非常勤嘱託職員の業務は、別添のとおり定める。

 

(勤務)

第5条  心理相談業務非常勤嘱託職員の勤務時間、その他の勤務条件は、別添のとおり定める。

2  心理相談業務非常勤嘱託職員の休憩時間等は、正規職員の例による。

3  心理相談業務非常勤嘱託職員は、病気その他の理由により業務に従事できないときは、すみやかにその旨届出しなければならない。

 

(報酬等)

第6条  報酬の支給及び費用弁償については、別添のとおり定める。

 

(実施細目)

第7条  この要綱の実施について必要な事項は、中央区長が定める。

附 則

この要綱は、平成24年12月26日から施行する。

 

(別添)中央区保健福祉センター乳幼児発達相談心理相談業務非常勤嘱託職員労働条件等について

雇用期間

雇用期間は1年以内とする。

ただし、市長が、必要と認める場合に限り、2回まで雇用期間を更新できる。

(基準更新日は4月1日)

就業場所

中央区役所保健福祉課に配属される。

従事すべき業務内容

・  1歳6か月児、3歳児健康診査事業における心理相談業務

・  発達相談事業(フォロー健診)における心理相談業務

・  4・5歳児発達障がい相談事業における心理相談業務

・  育児教室(3か月児健診後のフォロー教室) 事業における心理相談業務

・  乳幼児健診後の乳幼児と養育者への継続的支援業務

・  発達障がいの早期発見、早期支援のための相談業務

・  地域に出向く心理相談、発達障がいの理解を深める啓発業務

・  庁内関係部署との連携(子育て支援室など)

・  関係機関との連携(医療機関、療育機関、保育機関など)

始業・終業の時刻、休憩時間、所定時間外労働の有無等

(1)出勤日数

週4日(月曜日から金曜日のうち本市が指定する4日間)

(2)始業・終業の時刻等

(始業)午前9時00分から(終業)午後5時15分まで

労働時間

始業から終業までの基本7時間30分の労働時間とし、週30時間とする。

(3)休憩時間

45分の休憩とする。

(4)所定時間外労働の有無

原則として所定時間外労働は無い。

(5)その他

研修期間等、指定した勤務時間での勤務を依頼することがある。

休日

・  定例日:土曜日、日曜日及び祝日※

・  非定例日:12月29日から翌年1月3日までの日

※休日出勤を指示した場合、他の日に休日を振替える。

休暇

(1)年次有給休暇

大阪市非常勤嘱託職員要綱に基づく。

(2)その他の休暇

有給:夏季休暇、非常災害により交通遮断、忌引の場合、市長が別に定める

場合など

無給:病気欠勤など

報酬

(1)報酬

月額180,000円

ただし、支払い時に所得税及び健康保険料等を控除する。

(2)通勤手当等

公共交通機関による通勤を常例とする場合は、通勤交通費を支給する。

(3)報酬支給日

基本報酬は、その月、基本報酬以外は、その月分を翌月にそれぞれ17日に支給する。(1月に限り18日)ただし、その日が土曜日にあたるときはその前日、日曜日にあたるときはその翌日とし、また、日曜日でその翌日が祝日である場合その前々日とする。

(4)報酬支払方法

報酬の支払方法は、口座振替とする。

(5)昇給、賞与、退職金

退職等

(1)定年制

(2)自己都合退職の手続

退職日の30日以上前に届け出ること

(3)解嘱の事由及び手続

解嘱の事由

ⅰ勤務成績が不良と認めたとき

ⅱ心身の故障のため業務の遂行に支障があり、若しくはこれに堪え得ないとき

ⅲ職務上の義務に違反し、若しくは職員として適格性を欠くとき

その他

(1)社会保険の加入状況

全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)・厚生年金保険に加入する。

(2)雇用保険の適用

適用あり

(3)その他

公務上の災害又は通勤による災害に対する補償は、非常勤職員公務災害等補償条例を適用する。

(4)職務上知り得た内容については、守秘義務が課せられる。

(5)採用及び解嘱等その他必要な事項は、「大阪市非常勤嘱託職員要綱」及び「中央区保健福祉センター乳幼児発達相談心理相談業務非常勤嘱託職員要綱」の定めによるところによる。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市中央区役所 保健福祉課運営グループ

〒541-8518 大阪市中央区久太郎町1丁目2番27号(中央区役所1,3階)

電話:06-6267-9882

ファックス:06-6267-0998

メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示