愛犬手帳
25/40

- 23 - と充分に相談してください。 また、避妊・去勢手術は望まない子犬を増やさないという目的以外に、多くの病気の予防や行動・性格面でプラスになることから一生のQOL(quality of life:生活の質)が良く保たれることになります。 犬が我が家に来たその日 新しい環境に突然連れてこられた場合、特に子犬は不安や心細さでいっぱいになっているはずです。新しい家という環境の変化は子犬にとってはかなりのストレスになります。子犬のかわいらしさに、抱きしめたり、なでたりと、家族全員で大歓迎したいところですが、しばらくはできるだけ騒がず、静かに見守ってやりたいものです。家に着いてからの様子を見ておいて、 激しい下痢や嘔吐、 元気や食欲がないという症状が見られたらすぐに動物病院へ連れて行ってください。 健康面での効果 雄性ホルモン支配疾患(肛門周囲の各種腫瘍、精巣や睾丸に起こる腫瘍、前立腺疾患、会陰ヘルニア)の予防になる。 行動・性格面での効果 雄性による攻撃性の低下。性格が穏やかになり、しつけもしやすくなる。尿のマーキングが減る。 健康面での効果 望まない妊娠や偽妊娠を防ぐことができる。子宮蓄膿症、卵巣の疾患・腫瘍、乳腺腫瘍・鼠径ヘルニアなどの予防になる。 行動・性格面での効果 発情が解消される(発情時の出血、オス犬が寄ってこなくなる、など)。 4.子犬が家に来たら・・・ かわいい子犬が家に来たら、 すぐにでも遊んでやりたい気持ちはよくわかりますが、 子犬にとってあなたの家は見ず知らずの場所。 環境の変化が大きくかなり疲れていますので、 以下の点に気をつけて2日ほどはそっとしてやってください。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です