愛犬手帳
34/40

- 32 - 大規模災害はいつ起こるかわかりません!! 阪神淡路大震災、新潟中越地震、東日本大震災では、多くのペットが被災しました。 災害発生時の被災ペットへの対応を平常時から考えておく必要があります。 災害発生時、あなたはペットをどうしますか? ペットを伴侶として飼うことが増えていることから、ペットとの同行避難を希望する人も多いと思います。 しかし、実際には避難所の収容能力に問題がある場合や、大型犬や特殊な飼育施設が必要な動物の場合などは、同行が難しいことも考えられます。災害発生時に一時的に預かってくれる人、店等を事前に探しておくとよいでしょう。 一方、同行避難が可能な場合でも、避難所でペットを適正に飼養できなければ、周りの人へ迷惑をかけてしまうことになります。 避難所には動物が嫌いな人も大勢います 避難所は多くの人々が共に生活する場所なので、マナーを守ることが大前提です。 愛犬と同行避難することで周りに迷惑をかけないよう、日頃からペットのしつけ、健康管理等を行うことが重要です。 次のような備えをしておくとよいでしょう 【必要な主なもの】 □首輪等 □リード等 □鑑札・狂犬病予防注射済票 □迷子札 □ケージ(キャリーケース) □水、ペットフード(最低3日分) □食器、水桶 □ペットシーツ □糞尿処理用品(ビニール袋等) □常備薬 【あれば便利なもの】 おもちゃ、おやつ、タオル、新聞紙、紙タオル、ゴミ袋、ウェットティッシュ、雑巾、愛犬の写真 災害時には、ペットと離ればなれになってしまうことも 災害時に愛犬が驚いて逃げてしまったりして不幸にも離ればなれになることがあります。 放浪犬の所有者を迅速に見つけることができるよう、愛犬には鑑札・注射済票を必ず装着しておきましょう。マイクロチップの装着や、飼い主の住所・氏名・飼い犬の名前等を記した名札の装着も効果的です。 飼い主は、万一の場合に備え、愛犬の写真(裏面に鑑札・注射済票・マイクロチップそれぞれの番号を控えておきましょう。)を携帯しておくことで、捜索がスムーズに行えます。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です