くらしの便利帳_東成区
43/100

子育て・教育41大阪市くらしの便利帳東成区大阪弁講座maido!▼ 育てるのがむずかしくなったら/学校生活について育てるのがむずかしくなったら ※ 所得により費用が異なります学校生活について子どものショートステイ小・中学生の就学援助民生委員等へ相談を障がいのある子どもの教育小・中学校の入学小・中学校の転校保護者の方が一時的に家庭での子育てが困難になったとき、宿泊を伴うかたちで、乳児院・児童養護施設で1週間を限度にお預かりします。(ただし、施設の事情によりお預かりできない場合もあります。)小学校入学前の子ども経済的な理由により就学が困難な児童生徒の保護者に、教材費などを支給。学校を通じて年度毎に申請してください。市民税非課税世帯・児童扶養手当受給世帯など民生委員・児童委員および主任児童委員が生活上のことや子どもの保護・育成などについての相談に応じています。就学・進学の相談/お住まいの地域の小学校・中学校が窓口となっています。また、教育委員会にも就学相談窓口を設けております。区役所から保護者の方に、入学前の12月末日までに就学通知を送付します。転出の場合/それまでの居住地の区役所で転出手続きをしてください(市内転居の場合は不要です)。転出校では転退学の届け出をし、在学証明書等を受領してください。転入の場合/新しい居住地の区役所で在学証明書などを提示し、就学通知書を受領してください。転入校こども青少年局管理課通学あるいは通学予定の学校または教育委員会学校経営管理センター事務管理担当区役所保健福祉課教育委員会インクルーシブ教育推進担当区役所窓口サービス課区役所窓口サービス課 6208-8111/ 6202-6963 6575-5654/ 6575-5280 6977-9908/ 6972-2781 6327-1016/ 6327-1023 6977-9964/ 6972-2732 6977-9964/ 6972-2732赤ちゃんの短期預かり※こども相談センターへ相談を小学校就学時の健康診断保護者の方が、長期の入院などで一時的に養育できないとき、乳児院で1カ月を限度にお預かりします。2歳までの乳幼児児童の福祉に関する各種の相談に応じています。お知らせハガキを保護者の方あてに送付しますので、子どもとともに指定の小学校で受診してください。こども相談センターこども相談センター教育委員会教育活動支援担当 4301-3100/ 6944-2060 4301-3100/ 6944-2060 6208-9141/ 6202-7055窓口22窓口16窓口16には、就学通知書と前の学校で受け取った関係書類を提出してください。べっぴん「美人」のこと。どちらかというと明るくて気だての良い、隣のお姉さんタイプの美人にマッチする形容である。

元のページ  ../index.html#43

このブックを見る