くらしの便利帳_東成区
62/100

市会・選挙60大阪市くらしの便利帳東成区大阪弁講座maido!市会・選挙市会の概要傍聴・モニター放映等請願と陳情選挙について市会/市民を代表する市会議員の合議によって市政の方針を決定(議決)する機関です。議決権をはじめ、市の事務に関する検閲・調査、監査の請求など、広範な権限が付与されています。市会議員/任期は4年。現在の定数は86人です。定例会・臨時会/市会には、年3回招集される定例会と、会議を開く必要が生じた場合に招集される臨時会があります。本会議/議員全員で構成され、市会の意思を決定する会議です。常任委員会/議案や請願などについて専門的な審査および調査を行うため、市の事務の各部門ごとに「財政総務」「教育こども」「民生保健」「都市経済」「建設消防」「交通水道」の6つの常任委員会を設けています。特別委員会など/市政に関係のある特定の問題を審査したり、調査研究などを行うため、議決により、決算審査のつど設けられる決算特別委員会などを設けています。本会議・常任委員会・特別委員会は直接傍聴を行っているほか、市役所内に設置するモニターテレビでご覧いただけます。市役所 P1階☞70ページ本会議/通常、本会議開会30分前から、先着順に受付を行います。※傍聴席が満員になったときは、入場をお断りする場合があります。※聴覚・言語に障がいのある方で手話通訳を希望される方は、原則として傍聴日の5日前(土・日曜、祝日を除く)までに、お申し込みください。常任委員会・特別委員会/委員会開会30分前から受付を行います。定員(10名)を超える希望者がある場合は抽選を行います。市政についての意見や要望があるときは、請願書や陳情書を市会に提出することができます。請願/委員会で審査し、本会議で結論(採択・不採択)を出します。請願を提出するには、市会議員の紹介が必要です。陳情/委員会で審査し、結論(採択・不採択)を出します。なお、陳情には委員会で審査されないものもあります。詳しくは、お問い合わせいただくか、大阪市会ホームページをご覧ください。◎選挙権日本国民で満18歳以上の人は国会議員の選挙権があり、さらに、大阪市内に引き続き3カ月以上住んでいる人は、大阪市・大阪府の議会の議員および市長・知事の選挙権があります。市会事務局総務担当市会事務局総務担当市会事務局議事担当区役所総務課6208-8671/6202-05086208-8671/6202-05086208-8685/6202-05086977-9626/6972-2732インターネット議会中継等市会事務局政策調査担当6208-8691/6202-0508本会議・常任委員会・特別委員会の会議録は、市会図書室(市役所7階)、中央図書館、市民情報プラザ(市役所1階)、公文書館などでご覧いただけるほか、大阪市会ホームページでもご覧いただけます。なお、これらの会議の模様を大阪市会ホームページで録画放映しており、生中継も行っています。また、市会全般に関する動向を掲載した市会時報は、図書館などで閲覧できます。◎被選挙権日本国民で次の要件を満たす人は、それぞれの被選挙権があります。衆議院議員・市長/満25歳以上の人。参議院議員・知事/満30歳以上の人。市・府会議員/その選挙権のある人で、満25歳以上の人。◎選挙人名簿選挙で投票するためには選挙人名簿に登録されていることが必要です。名簿は、住民基本台帳にもとづいて選挙管理委員会が調査・登録します。◎投票投票は通常、選挙人の住む投票区にある投票所で行われ、選挙人名簿との対照を経た後、投票します。選挙のつど送付する「投票案内状」をご持参ください。投票所の設備/仮設スロープを可能な限り設置しているほか、全投票所に点字器や点字候補者名簿、車いす、車いす用記載台を設置しています。◎選挙公報(音声版・点字版含む)候補者の氏名・経歴・政見などを掲載した「選挙公報」を各世帯へ配布します。音声版、点字版をご希望の方は区選挙管理委員会へお申し出ください。◎期日前投票・不在者投票投票日に仕事やレジャーなどを予定している方や、歩行が困難な方は、あらかじめ投票することができます。選挙人名簿登録地では直接投票箱に投票できる期日前投票が、滞在地の選挙管理委員会や病院、老人ホーム等の施設においては不在者投票ができます。また、身体に一定の重度障がいがある方は、郵便等による不在者投票をすることができます。窓口31あんじょう「うまく、具合よく、ちゃんと」といった意味の大阪弁。若者の間ではめったに使われない言葉だが、ちょっと年輩の間になると、大阪ではいまでもわりとよく使われている。

元のページ  ../index.html#62

このブックを見る