くらしの便利帳_此花区
46/100

44高齢者の方へ大阪市くらしの便利帳此花区大阪弁講座maido!後期高齢者医療制度手続き保険料保険給付● 75歳になる方:加入の手続きは不要です。誕生日の前月に「後期高齢者医療被保険者証」をお送りします。● 65歳から74歳までの方で一定の障がいがある方:お住まいの区の区役所で加入の申請が必要です。※生活保護を受給している方は、後期高齢者医療制度の被保険者にはなりません。被保険者お一人おひとりについて保険料が算定されます。保険料は、被保険者の方の前年中の総所得金額等によって計算され、保険料の納付は原則として、年金からのお支払い(特別徴収)となります。※ 介護保険について特別徴収を行っていない方や、後期高齢者医療保険料と介護保険料との合計金額が受給されている年金額の2分の1を超える方など、特別徴収の対象とならない方は、納付書払いや口座振替等(普通徴収)の方法により、保険料を納めていただくことになります。※申請により、特別徴収の方法を口座振替によるお支払いに変更できます。詳しくは、お住まいの区の区役所へお問い合わせください。75歳以上の方(65歳から74歳までの方で一定の障がいがあると認定された方を含みます)は、後期高齢者医療制度に加入し、医療給付等を受けることになります。※ 後期高齢者医療制度の運営は、大阪府内のすべての市町村が加入する「大阪府後期高齢者医療広域連合」が行います。広域連合は、被保険者の資格管理、保険料の決定、医療給付等を行い、大阪市は、各種申請の受付等の窓口業務や保険料の徴収業務を行います。区役所窓口サービス課 窓口番号6 ℡ 6466-9956/℻ 6462-0942大阪府後期高齢者医療広域連合 ℡ 4790-2028、2031/℻ 4790-2030主な給付の種類支給対象と支給内容療養の給付医療機関での自己負担割合は1割(現役並み所得者は3割)となります。※受診等の際は、必ず「後期高齢者医療被保険者証」をお持ちください。※ 入院された場合は、所得に応じた限度額までの負担となります。ただし、市民税非課税世帯の方が病院などで限度額の適用を受けるためには、「限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示が必要ですので、入院するときに区役所へ申請してください。また、食事代の標準負担額が別に必要です(ただし、市民税非課税世帯の方については軽減されますので、区役所に申請してください)。療養費被保険者の方が緊急やむを得ず全額立替え払いをしたときなどについて、保険診療分から算定した額を支給高額療養費同じ月に受けた保険診療の一部自己負担金が所得に応じた限度額を超える場合、その超えた額を支給高額介護合算療養費世帯内で後期高齢者医療制度・介護保険の両方に自己負担がある場合で、自己負担額が高額になったときは、両方の自己負担額の合計額について自己負担限度額(毎年8月~翌年7月末までの年額)を超える額を支給葬祭費被保険者の方がお亡くなりになったときは、その方の葬祭を行った方に対し、葬祭費として5万円を支給※その他の給付や申請に必要な書類については、お住まいの区の区役所へお問い合わせください。は よ「早く」という言葉をもっと手短にしたくて「はよ」にし、大阪人の“いらち”ぶりをよく表した言葉。▼ 後期高齢者医療制度

元のページ  ../index.html#46

このブックを見る