くらしの便利帳_此花区
50/100

介護保険の利用48大阪市くらしの便利帳此花区大阪弁講座maido!介護保険の利用制度のあらまし自宅で利用できる介護保険サービス・総合事業のサービス(有料)介護保険制度(介護保険制度についての問合せ)介護保険制度は、寝たきり・認知症などの高齢者が増加する中で、「介護」の負担を社会全体で支え合うことを目的にしています。介護保険のサービスを利用できるのは、65歳以上(老区役所保健福祉課℡ 6466-9859/℻ 6462-0942窓口11▼ 制度のあらまし/自宅で利用できる介護保険サービス・総合事業のサービス化が原因とされる16種類の特定疾病による場合は40歳以上)の方です。申請からサービスを利用するまで日常生活に手助けが必要になったら、大阪市認定事務センターへ郵送申請、または区役所で申請してください(家族や居宅介護支援事業者などによる申請もできます)。調査員がご自宅にうかがい、聴き取り調査を行います。認定調査の結果と医師の意見書により、介護を必要とする度合い(状態の区分)を審査します。利用者は要介護度別の利用限度額の範囲内でご自身にあったサービスを利用できます。審査の結果、非該当(自立)と判断された方でも、総合事業のサービス(◆)の一部を利用できる場合があります。➡保険料および保険料の納め方対象者第1号被保険者(65歳以上の方)第2号被保険者(40歳から64歳までの方)保険料● 本人の合計所得金額などおよび世帯の市町村民税の課税状況により設定● 大阪市の基準額は月額6758円(平成30年3月末まで)(災害などの特別な事情の場合は、減免される場合があります。)計算の仕方や額は、加入している医療保険により異なります。保険料の納め方● 老齢年金・退職年金、障害年金、遺族年金(老齢福祉年金は除く)が年額18万円以上の方は年金からお支払(特別徴収)● 年金からのお支払以外の方は納付書などにより個別に納付(普通徴収)医療保険の保険料に含めて納めていただきます。■ 訪問介護・訪問型サービス ホームヘルパーなどが訪問し、身体介護や生活援助をします。■ 夜間対応型訪問介護 ※1・※2 夜間の巡回や通報システムにより対応する訪問介護を行います。■ 定期巡回・随時対応型訪問介護看護 ※1・※224時間安心して居宅での生活ができるよう、看護職員などが日中・夜間を通じて、定期の巡回訪問と随時対応を行います。■ 訪問入浴介護移動入浴車などで訪問し、入浴の介護を行います。■ 訪問看護医師の指示に基づき、看護師などが訪問します。■ 訪問リハビリテーション理学療法士などが訪問し、リハビリを行います。要支援1・2の認定を受けた方、または基本チェックリストを実施し、事業対象者と判断された方が利用できます。(事業対象者と判断された方は原則として訪問型・通所型サービスの③のみ利用可)〔訪問型サービス〕①介護予防型訪問サービス②生活援助型訪問サービス③サポート型訪問サービス〔通所型サービス〕①介護予防型通所サービス②短時間型通所サービス③選択型通所サービス(◆)総合事業のサービスなんのこっちゃ標準語で言う「何のこと?」「何を言ってるの?」。憶えておくと便利な慣用句のひとつ。大阪人はほぼ日常的に使っている。また別の用法としては、くたびれもうけみたいな状況に陥ったときに言う場合もある。

元のページ  ../index.html#50

このブックを見る