ここは大阪市水道局が運営する『WEB浄水場見学 』ページです。

水道の歴史や、実際の浄水場の仕組みをご紹介します!

ぴゅあら(水道局公式キャラクター)

ぼくぴゅあら!
よろしくね!

じゃぐ爺(水道局公式キャラクター)

わしはじゃぐ爺
ここを案内するぞい

水道ができるまで

大阪市は古くから『水の都』と呼ばれ、淀川をはじめとする多くの河川に恵まれていたので、水道が出来るまではほとんどの人々が川の水を使っていました。

しかし明治時代になると、度重なるコレラの流行や大火災が発生し、衛生面と防火面の両面から水道を望む声が高まりましたことから、その建設に着手し、明治28年11月13日、我が国で4番目の近代水道としてスタートしました。

現在は、柴島浄水場、庭窪浄水場、豊野浄水場の3箇所で安全で良質な水を製造し、皆さまのところにお届けしています。

じゃぐ爺

昔はすごく
大変だったんじゃよ

さあいよいよ浄水場へGO!

じゃぐ爺

さーて次は
浄水場の仕組みを見学じゃ!

ぴゅあら

わーたのしみー!

つづいて浄水場内のしくみをくわしく見ていきましょう!

浄水場の役割は大きく分けて3つあります。それは、『①水を取り入れる、②水をきれいにする、③水を送る』こと。
ここでは、その3つの役割を担う場所を説明します。

浄水場の全体図

浄水場の全体図。全体図に続いて浄水場の説明

浄水場には、水を取り入れる「取水塔」、水をきれいにする「中オゾン接触池」、水を送る「配水池」など、安全で良質な水を製造し、皆さまのところにお届けする為に様々な設備があります。設備名をクリックすると、その設備の役割にジャンプします。

取水塔 着水井 ぎょう集沈でん池 中オゾン接触池 配水池
ぴゅあら

全体では
こんなにあるんだよ

じゃぐ爺

★じるしのところから
詳しく見るぞい

役割を担う4つの施設

水を取り入れる

取水塔~取水ポンプ

ここは取水塔です。ここから取水された淀川の水は、浄水場内の沈砂池に送られます。 沈砂池では除塵機などで荒いゴミや砂を取り除きます。

取水塔の写真

水をきれいにする

着水井~ぎょう集沈でん池

取水ポンプからくみ上げられた水は、着水井で水の量を調整しながら、ぎょう集沈でん池に送られます。

着水井の写真
中オゾン接触池

ぎょう集沈でん池を出た水は、中オゾン接触池に送られます。 ここでは、オゾン処理によりマンガンの酸化や有機物質の分解を行います。

中オゾン接触池の写真

水を送る

配水池

浄水処理された水は配水池に送られます。 配水池からは、配水ポンプで水管橋や配水管を通り皆さまのところへお届けしています。

配水池の写真

さいごに

琵琶湖・淀川は、今も昔も大阪をはじめ、近畿圏に住む人々の毎日の生活、都市の活動を支えている貴重な水源です。

限りある資源を大切にしていきましょう

ぴゅあら

無駄づかいはいけないね
気をつけよう!